第5回 気軽に楽しくベジタリアン! 野菜料理家 庄司いずみ先生 

第5回 野菜料理家 庄司いずみ先生 お野菜のちから

もともと料理をすることが好きでした。
食べ物の中でも特に野菜が好きで、野菜寄りの食生活ではありましたが、完璧なベジタリアンというわけではありませんでした。
きっかけは産後の体調の変化です。少し体調を崩したのですが、その頃からだんだん野菜中心の食事に引き寄せられていったんです。
ちょうどそのころマクロビオテックが流行り始めたころで、あまり得意ではなかった肉や魚を無理して食べなくて良いんだったら、私もそうしたいと思いました。
実際に野菜中心の生活をはじめるにあたって、マクロビや精進料理の本を読んでみたのですが、あまり見かけない米飴や、ひしお味噌などの素材をそろえるのが難しかったりで、家庭でつくるのには現実的ではありませんでした。


そこで、もともと料理は好きだったので、「野菜のハンバーグ」や「野菜の餃子」など自分なりに工夫して作ってみたんです。すると思ってもみなかった味が見つかりましたし、特別な材料も不要。しかも野菜は生でも食べられるものですから、肉や魚より簡単に扱えて失敗も少ない。野菜ってすごいと驚きましたし、こんな野菜料理を紹介できれば、みんなもっと野菜が好きになるのではと考え始めたんです。
野菜が好きだから何でも知りたくて、八百屋さんや料理人さんに扱い方や調理法を教えていただいたり、たくさんの事を調べました。職業柄もともと調べ物は得意なほうです。今でも、お付き合いのある農家さんのところにでかけて行って、野菜や畑について話を聞いたりと、まだまだ勉強中です。


実は最初から野菜料理本の出版を目指していました。
ちょうど、こうちゃんなどブロガーさんが料理本を出版はじめたころで、本を出すのであったら今はブログからが一番近いと思いました。
ブログを始めるにあたって、毎日の更新を目標にしました。それは、自分が人のブログをみるのも、毎日更新されるかなという楽しみな気持ちでみるからです。
また、コメントくれる一人一人のつながりを大切にし、自分のブログにきてもらったら、相手のブログにもいく。それが楽しみでもありました。
そうしていくうちに、アクセス数も伸びてきたので、すぐに出版社に企画書を持っていきました。ブログをはじめたのは2007年の2月からでしたが、最初の本を出版したのは2008年3月です。
いつのまにか約4年間で29冊を出版していました。
周囲には飛ばしすぎといわれるけど、夢があるので頑張ることができますし、今とても充実して楽しいんです。



「日本中で野菜生活を楽しんでほしい」 無理なく楽しんで野菜をとっている庄司先生。次のページでは、庄司先生とシンシアガーデンがコラボしたガーデンカフェのスペシャルメニューを紹介します。



Beauty スペシャルコラム
漢方コラムセラピストコラム
SINCERE'S GUEST

BRAND LIST

ネロリラボタニカ
リンレンレメディアル
ママバター
パパバター
メデルナチュラル
エール
ボタニッシュエール
ローレ
toetoe(トゥトゥー)
tiare ala(ティアレアーラ)
ジャナーク
シゲタ
ジャネス
クオン
アタノール
オードローズ
ソルーナ
ベジキッチン
ゴギョウチャ
ベーベーママン
マイハビット
オーロメア
シダレッパ
ナトラケア
ランドレス
ソネット