セラピストコラム 2012.02 スノードロップ

セラピストコラム

2012.1 スノードロップ
冬に咲く希望の花

寒い日が続いてますね。
シンシアガーデンのエントランスにはこの冬から新しいグリーンと愛らしいお花が仲間入りしました。
冷たい風と、乾燥にも負けず強く育ってます。
中でも、一番のお気に入りは、「スノードロップ」
花言葉は、「希望」「初恋のため息」
ロシア詩人・マルシャーク「森は生きている」の中ではこの花にまつわる素敵な伝説が・・・。

エデンの園を追われて、雪の降る冬の世界へ追い出されたアダムとイブ。
永遠に続くかと思われる冬に対して、絶望を感じる二人の前に天使が現れ、
「必ず、暖かい春がやってくる・・・」と
天使は二人を慰める。そして、天使がひとひらの雪に息を吹きかけると、溶けた雪のしずくがスノードロップの花となり、「希望」が生まれた・・・。
今にも滴りそうな雪のしずくの花。
寒い冬の中で咲いている様を見ると、心がほんわか温まります。


冬の楽しみ おすすめバスタイム

冬には冬の楽しみがありますが、やはり寒さは大敵。
本来、人間は体温を一定に保つ恒温動物なので、カラダは温かいはずなのに、現代では、冷え性に悩む女性が増えてきています。
女性は、自律神経と女性ホルモンの働きによりカラダが温まります。
自律神経は、内臓、血管働きを調整してくれる神経。カラダの状態を私たちが無意識のうち調整してくれています。
副交感神経の働きにより、緊張がほぐれ、血流をよくして、温かい血液が流れ、交感神経の働きにより、寒さを感じると熱が作られます。
どちらもとても大切で、このバランスを保つことが、冷え性対策ともいえます。

冬の楽しみでもあるバスタイム。
温かいお湯に浸かって、カラダの疲れを取りながら、自律神経のバランスを整えましょう。

交感神経を優位にしたいときには・・・。

熱めのお湯(42℃くらいがおすすめ)
40℃以上で、交感神経が高まります。朝の入浴や、すっきりしたいときに。
おすすめのバスアイテムは、

*

◆シノワ フォー ウーマン
 コウカ、ケイヒ、ショウガ、唐独活、
 ヨモギ、カンゾウ、ローズマリーの
 和漢草の入浴剤。

 中国の気・血・水の考えのもと作られた
 この和漢草ブレンドは体内の血の巡りを
 整えてくれます。温かい血液が巡りだす
 とカラダは温まりやすくなります。


*

◆シノワ フォー ビューティー
 プーアール茶、ショウガ、クマザサ、
 シソ、ドクダミ、カンゾウ、ローズ、ヨモギの
 和漢草の入浴剤。

 中国の気・血・水の考えのもと作られたこの
 和漢草ブレンドは体内の水(津液)の巡りを
 整えてくれます。
 滞りやすい水分を排出して、巡りをよくする
 ことでむくみや冷えも緩和されるといわれます。


副交感神経を優位にしたいときには・・・。

ぬるめの湯(37℃〜39℃くらい)
40℃以下のお湯に入ると、副交感神経が高まり、リラックス。
一日の疲れを取りたい時や、緊張が続いている時におすすめです。
おすすめのバスアイテムは、

*

◆マグウォルトバスエッセンス
 ヨモギ、シャクヤク、モモ葉、カミツレ、
 ボタンの和漢草エキス(保湿成分)に
 香り豊かなラベンダー、  ユーカリ、
 ゼラニウムのエッセンシャルオイルに、
 スクワラン、ホホバ油、オリーブ油等の
 ブレンドオイルを使用したとっても贅沢な
 バスオイルは、湯冷めもしにくく、カラダ
 の内側がポカポカするのも冷え性さんに
 はとっても嬉しいポイント。
 至福のバスタイムを約束してくれます。


*

◆シノワ フォーエナジー
 ルイボス、ウコン、チンピ、ショウガ、 
 ハッカ、カンゾウ、カモミール、ヨモギの
 和漢草の入浴剤。
 中国の気・血・水の考えのもと作られた 
 この和漢草ブレンドは体内の気の巡り
 を整えてくれます。
 一日の疲れを取りたい時、緊張状態が
 続いている時におすすめ。

 カラダをじっくりとあたためてリラックス。
 気の巡りが整うと、カラダも動きもス
 ムーズに、やる気もアップ。


そして、寒い季節の入浴時の注意点。
寒い浴室で裸になると血圧が急上昇してしまいます。
さらに、シャワーや湯船に入ることで血圧が上昇。
こうした血圧の急激な変動を防ぐために、浴室や脱衣所を温めておきましょう。

カラダを温めることは心を温める

カラダを温めることはココロを温めることにもつながります。
大事な人と過ごせる時間や、楽しみがある時、どんなに寒くてもなぜかポカポカになったり。ココロとカラダは切り離せないと感じますね。
最後に、心温まるとても素敵な詩に巡り会えたのでご紹介したいと思います。

スノードロップ

空からの光ともちがう
だれかがともした灯りともちがう
花は じぶんの内側にひかりを持っていて
外側のはなびらで 包んでいる

遠くからきこえてくるのではない
近くで誰かが口ずさんでいるのではない
花からひとりでにこぼれるうたがある
ゆきをとかした しずくのように

花の灯りと 花のうたは
いつのまにかにふえて
谷間を みたしている
「たいせつな一日」 岸田衿子 詩集 より








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

BRAND LIST

ネロリラボタニカ
リンレンレメディアル
ママバター
パパバター
メデルナチュラル
エール
ボタニッシュエール
ローレ
toetoe(トゥトゥー)
tiare ala(ティアレアーラ)
ジャナーク
シゲタ
ジャネス
クオン
アタノール
オードローズ
ソルーナ
ベジキッチン
ゴギョウチャ
ベーベーママン
マイハビット
オーロメア
シダレッパ
ナトラケア
ランドレス
ソネット