セラピストコラム

2009.03 JANESCE Organic skin care


Janesce skin care
化粧品に頼るケアから自らの肌力を引き出すケアへ

齢を重ねるごとに美しさを増す女性をシンシアガーデンで何人もお会いしました。
その方たちに共通して言えることは外見から放たれる内面の輝き。それは何かに頼るのではなく自分自身を信じる力。

オーガニック化粧品のJANESCEは自らの肌の機能を高め、強くしてくれる。
それはスキンセラピストであり自然療法家でもあるジャネススミスが自らの肌トラブルがきっかけで、どんな肌質でもトラブルを改善していくための独自の理論“スキンヘルス”を確立したから。
彼女のスキンヘルスはその香りや使い心地と共に確実な結果をもたらすことで評価を得ています。すぐに結果が出るものではないけれど、長く使うことで自らの肌力に気づきます。

シンシアガーデンでジャネスに出会った方のお肌は数ヶ月後お会いすると見違える美しさに驚くことがあります。そんな方たちの笑顔は数段輝いて内面から美しさが溢れています。





JANESCEの特徴
  1. 南オーストラリア州 アデレートヒルのクリーンな環境の中で有機栽培されるピュアな植物を原料に作られています。
  2. 植物の状態を損なうことなく作られるそのプロセスは極力水を使用せずに行われています。
  3. 防腐効果のある植物を巧みに使用しているため、石油系の防腐剤など一切使用していません。
  4. 高度な濃縮技術により、すべての商品を水で薄めて使用するため個人の肌の状態などに合わせて使用でき、また経済的です。




JANESCE特有のお手入れ法

『水と肌を結婚させる』~ジャネスの商品コンセプト~
保湿は肌タイプに関わらず大切でお肌の潤いが不足すると肌荒れやシミ、シワなどあらゆるトラブルの原因となります。オイリー肌の人でもお肌の水分不足で多量の皮脂が分泌し、オイリー肌の原因となっていることもあります。
そこでジャネスは「Wet the skin,Lock it in.」(肌を濡らし閉じ込める)ことこそが美肌を引き出すと考え、水分とハーブの恵みをお肌にたっぷりと与え、それを天然の潤い保持成分で閉じ込めるという簡単で効果的なスキンケアです。





アロマチックドロップ
『アロマチックドロップ』芳香洗顔料

精油が香る『アロマチックドロップ』(芳香洗顔料)は軽い洗浄効果があります。
また全ての商材は、『アロマチックドロップ水』と一緒に使用することで、ジャネス化粧品の効果を最大限に引き出します。

アロマチックドロップ水とは…
洗面機などにぬるま湯を入れ、アロマチックドロップを2.3滴落とします。
これが『アロマチックドロップ水』です。
アロマチックドロップ水は朝の洗顔や、クレンジング後のすすぎ、保湿、ジャネス商材を薄める時などに使用します。





私は以前、東京の古いマンションで一人暮らしをした時、肌荒れをし、お肌がごわごわ、かさかさになりました。そこで、食生活や生活リズムを見直しても良くならない時にジャネスの『アロマチックドロップ』を使用し始めました。
肌荒れは顔だけではなく、体にも影響していたため、まずお風呂の湯船にアロマチックドロップを 5滴~10滴程落とし入浴しました。
まず、感じたのはお湯の柔らかさ。
ほんの少しのアロマチックドロップなのにこんなにもお湯が柔らかく滑らかになることに驚きました。
精油は脂溶性のためお湯には溶けませんが、『アロマチックドロップ』は水溶性のため お湯にきちんと解け、お肌に刺激がないことも荒れたお肌には優しく、ほのかな香りにもホッとできました。そして、徐々にお肌のごわごわ、かさかさも良くなり回復しました。お水が違うだけでこんなにも違うのかとさらに、クレンジング後のすすぎ、洗顔にもドロップ水を使用し、ドロップ水で湿った顔にジャネスの化粧水『ローザペタルミスト』で優しくパッティングしました。 アロマチックドロップ それから乳液『ナリシングミルク』で潤いを閉じこめ、美容液とサンケアを兼ねそろえる『サンケアローション』で保護しました。
それまでオーガニックの植物性コスメを続けて使用したことがなく、ジャネスを使い始めた時は何となく物足りなさを感じましたが、「とりあえず2か月は使ってみて。」とアドバイスを頂き、3か月もしたころ肌荒れをしにくい肌になっていることに気付きました。

ジャネスの考える美肌へのスキンケアは特別なことではなく、人が本来持っているお肌の調整機能を引き出し、高めるための手助けをしてくれるものと肌で感じさせてくれるのです。







Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.03 子どもアロマ

精油のある暮らし

春爛漫!
光溢れ、新緑が眩しい季節になってきました。
風さえ輝いて、爽やかなエネルギーを感じます。

先日ベビーマッサージ講習がありましが、爽やかな陽だまりの中、とても楽しいひと時でした。お部屋ではほんのりアロマを炊き、ベビーマッサージ中も終止、和やかでした。
この時のブレンドは、オレンジスィート&マンダリン&サイプレス。
甘いフレッシュな柑橘系の香りとサイプレスの森林浴のような清爽なアロマのブレンドは子供も大好きです。

シンシアガーデンはベビーカーを引いたママ達もよくいらっしゃいます。
マタニティ期からナチュラルコスメや、アロマを活用され、出産後に子供と一緒に楽しむ方も多いので、シンシアガーデンの商品やカフェなど愛用してくださっています。
そこで、来月は子供の日も控えていることですし、子供にも大人気な「マンダリン油」についてお話をします。


マンダリン油はミカン科の果実の果皮から抽出されます。
太陽をたっぷり浴びた果実の甘みのあるフレッシュな香りは、心身をリラックスする働きに優れています。
マンダリン油は、アロマテラピーにおいて用途の広い精油のひとつとされていますが、とりわけ、妊婦さんや、
幼児に用いられます。
特に芳香浴が一番のオススメ!
ただし、どの精油にも共通していえることですが、妊娠期に連用はNGです。
また、妊娠線予防クリームにオススメとされますが、マンダリン油は弱い光毒性やお肌の弱い方には刺激を起こすことがあるため注意が必要です。


マンダリンとランプ

子供部屋での火気はオススメできないので、デュフューザーやアロマランプで、就寝前にオレンジスウィートやレモン、グレープフルーツなどお好きな柑橘系と合わせてブレンドしてお楽しみ下さい。
神経が過敏になって落ち着きをなくしたり、寝つきが悪い子に、マンダリンがパパやママのぬくもりにも似た安らぎを与えてくれますよ。


シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.05 敏感なお肌の方へ


Mama butter Face care

敏感なお肌のかたへ

社会や、日常の忙しさで心身のバランスを崩し、さらに食生活や環境の変化によって何らかの 皮膚トラブルを抱え、自分は敏感肌だと認識している人が年々増えているそうです。

ママバターのフェイスケアシリーズはそんな方々に朗報の自然派コスメ。
敏感なお肌が正常な皮膚機能を取り戻すために必要なケアがママバターフェイスケアシリーズ で叶いますよ!





敏感のお肌の人に最も大切なこと。
それは、乾燥を防ぐこと。

これからの時期、外では紫外線、室内では冷房などの影響で知らず知らずに乾燥を招きやすくなります。
ママバターフェイスケアシリーズは乾燥を防ぐための簡単3ステップスキンケア!

  1. 「落とす+潤す」 ママバターフェイスケアピュアソープ
  2. 「潤す」 ママバターフェイスケアモイスチャーローション
  3. 「保護する」 ママバター





ママバターフェイスケア ピュアソープ

敏感肌の人が正常な皮膚機能を取り戻すためには、不必要な 皮膚の汚れを取り 除き、浸透しやすくなったお肌にたっぷりと水分と油分を補給することが大切です。

1「落とす+潤す」ママバターフェイスピュアソープ






ママバターフェイスケア モイスチャーローション

敏感肌の人が、環境の変化や、体調の変化によって トラブルを起こしやすいのは、角質の水分保持が低下し、 皮膚表面の皮脂膜も不十分で、 皮膚のバリアが十分にバリア機能を果たさなくなっているためです。
そのため外からの刺激に大変弱くなり、 アレルギー物質や刺激物質も侵入しやすく、 特定の成分や紫外線などによる皮膚トラブルが起りやすい状態です。

2「潤す」ママバターフェイスケアモイスチャーローション






ママバター

皮脂表面を覆っている皮脂膜が水分の蒸発を防いでいます。
また、弱酸性の皮膚膜によって、その殺菌作用で細菌から身体を守ります。

3「保護する」ママバター






また、お肌は身体最大の臓器です。心身の健康のバロメーターでもあるため、心身的な負担や、ダメージがお肌の機能を低下させ、肌荒れの回復を遅くすると言われています。
それは、心身のダメージが、自律神経や、免疫に対して大きな影響を与え私たちが本来持っている自己回復システムのバランスを崩しているからです。

お肌を美しく健康に保つためには、心身の負担を発散することを心がけることも とっても重要です!
私もお肌がとても敏感でしたが、心身を労わり、心の負担を発散することを積極的 に行うことで、お肌の様態が変わることを実感しました。
自分を労わることが美肌への近道なんですね。




【参考文献:心を癒すスキンケアの科学  アロマテラピーコンプリートブック】




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.06 お家の香り変え

精油のある暮らし

雨音に耳を傾けながら読書を、と思いつつ…
ソファーでうたた寝…
そんな休日も悪くはないのですが、この時期カラダがとてもリラックスモードに。
長雨の影響から気分やカラダの調子に変化を感じる方も多いようです。
これは気圧が関係し、雨や台風の起るこの時期は低気圧が盛んになることで、副交感神経が働き、心身がリラックスした状態に。
休日はこれでもいいのですが、
仕事中や、授業中にこの睡魔は困ったもの。


この眠気を覚ます梅雨にオススメの香りがあります。
  それはペパーミント油とレモン油の香り…

ペパーミントの清涼感ある香りが気分を爽快にしてくれます。
日常生活でも、匂いのきつい食事後にペパーミント配合のガムや歯磨きで
気分をすっきりリフレッシュ!なんてことありますよね。
一瞬で気分転換できる香りです。
また、ペパーミント油は0-157の殺菌に対する優れた作用があるため、キッチン周りのお掃除やフキンに1滴垂らし使用するのもオススメです。


レモンの精油はレモンの酸味のある柑橘の香りがシャキっと目覚めさせます。
お部屋に漂わせておくと空気を浄化!
カビが発生しやすくなるこの時期に欠かせない精油のひとつです。
洗濯物の部屋干しの匂いが気になる時、お部屋で芳香してみてください。
匂いの原因、雑菌の繁殖をレモン精油が穏やかに殺菌!
レモン油のような柑橘系の香りはモノテルペン類が豊富なため殺菌作用が高いんですよ。


そして、『カビ』の匂いは嗅ぎ続けると数分でほとんど感じなくなりますが、脳にはストレスを与えているという実験結果もあるので、殺菌パワーの優れたペパーミント油とレモン油で頭をクリアにし、
快適な日々をお過ごし下さい。


シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.07 ナチュラルな虫除け

精油のある暮らし

夏の香りといえば何を想像しますか?
樹木の香り、海の香り、花火の香り…香りは意識していなくても思い出の中に必ず残っているものですね。
私の夏の定番の香りはシトロネラの香り…
アロマテラピーを始めてから夏といえばこの香りです。
シトロネラ油はレモンにも似た爽やかでスパーシーな香りがします。
虫除けハーブとして知られていますが、夏には蚊除けとして大活躍してくれます。


最近は精油を使用したナチュラルな虫除け商品を探している方がシンシアガーデンにも多くいらっしゃいますが、虫除け商品には必ずといっていいほどシトロネラ油が入っています。
それはシトロネラ油の成分のシトロネラールに虫除け作用があるから。
とはいうものの、精油を使用したナチュラルな虫除けが実際どのくらいの効果があり、
子供やペットにも安心して使えるのか…
気になるところですよね。
私は蚊に刺されやすい体質なので虫除け対策していないと大変ですが、
昨年、川沿いの花火大会に出掛け、シトロネラ油をブレンドした虫除けスプレーを30分おきくらいに体全体に吹きかけ、川原に4時間近くいましたが、一匹も刺されずに快適な夕涼みが出来ました。
30分置きに香りを楽しむ感覚でスプレーをしていたので面倒だなと感じることもなかったです。
また、6歳と5歳になる姪っ子と甥っ子と遊びに行くときも使用していましたが3人ともほとんど刺されません。
夜、寝る時にはデュフューザーやアロマランプ(電気)でシトロネラ油を香らせ、窓を開けて寝る時は雨戸に虫除けスプレーを吹きかけておくのもおすすめです。



子供、ペットへの精油の使用量(希釈濃度)はアロマテラピーでは体重費計算になります。
「子供は大人の半分で!」というのは大人、50kgの体重の人が使用する濃度に対し子供、25kgの使用量の目安になっています。
ですので、必ずしも子供=大人の半分というわけではありません。

■  10kgの赤ちゃん(生後6ヶ月くらい)に使用するとき  ■

 1、10kg÷50kg=0.2
  50kgの体重の人の適量が10 滴だとすると
 2、10×0.2=2
  で10 kg の赤ちゃんには2 滴使用できることになります。
■                                 ■

ペットも同じように体重比計算ができるのでアロマ商品を使用するときの目安にしてください。
市販されているナチュラルな虫除けスプレーなどを使用するときも体重比計算をし、希釈するか、洋服や直接肌の触れない周りに大人と同じ濃度で使用してもいいですね。
是非夏の思い出と共にシトロネラ油を香らせてください。



シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.08 万能な香り 虫刺され スキンケア

精油のある暮らし

今年は冷夏で過ごしやすい日々が幾分続いたとはいえ、まだまだ残暑が厳しそうです。 ミンミンゼミからヒグラシ、鈴虫の鳴き声に秋の気配を感じつつ…


店頭ではラベンダーは収穫の時期を迎え、そろそろ今年のラベンダー油が並び始めました。 ラベンダーは昔からたくさんのエピソードと共にその優れた効果が伝えられていますよね。
例えば、中世のヨーロッパではチフスなどの疫病が流行し多くの人々が犠牲になりましたが、ラベンダー農場で働いていた人々は疫病にかからなかったと言い伝えがあり… また、火傷にラベンダーの精油をかけたところとても早く回復し、古代ローマ人は傷の洗浄や沐浴にラベンダーを利用し傷を癒しました。


アロマテラピーでも何を使うか迷ったときはラベンダーを使えと言われる万能っプリです。 以前の精油のある暮らしでも少し話をしましたが、アロマテラピーで使われるラベンダーの種類はいくつかあり、その成分の違いから、効能、効果が違うため、使い方、使い道が変わります。一般的に言われるラベンダーというのは「真正ラベンダー」のことが多く、鎮静効果やリラックス作用に優れています。
また、子供から大人まで使いやすい安心な精油で、直接塗布できる精油のひとつです。 私は必ずこの「真正ラベンダー油」をポーチに入れて持ち歩いていますが、あらゆる場面で活躍します。



例えば…
■ 虫刺され
直接塗布します。私は蚊に刺されると腫れあがってなかなか引かない体質ですが、すぐにラベンダー油を幹部に塗布するとかゆみ、炎症が消えます。
■ 吹き出物
大きくなりそうなときに直接塗布すると炎症が引きひどくならずに済みます。

■ アフターサンケア
紫外線による疲れたお肌にはラベンダーが一番!!私は日本酒にラベンダー油を溶かしミネラルウォーターを加えローションを作ります。 2~3%くらいの濃度で作ります。
アルコールの苦手な方のスキンケアはラベンダーのフラワーウェターだけでもいいですよ。 以前日焼けによる湿疹、炎症が引かないとき、ラベンダーのローションを使用したところ湿疹も、炎症も引き、とても驚きました。

ラベンダー精油は秋に向けてココロとカラダに安らぎを与えてくれます。 自分好みのラベンダー精油を見つけ、自分流の使い方を見つけてみるのもいいですね!



シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.09 美しくなる美容液 ホルモン×香り

精油のある暮らし

気持ちが若く、前向きな人はいくつになっても輝き、その魅力は年齢を重ねるごとに増すばかり。そんな人たちに共通するのはココロのケアを怠らないこと。
スキンケア、ボディケアは、日々の努力によって随分違いが出てくるのは事実ですが、何よりも年齢によるココロの疲れを感じさせないことは、その魅力を引き出す上で欠かせない要素のようです。

それは、私達のココロで感じたことは、脳で感知されると脳からさまざまな「脳内伝達物質(ホルモン)」を分泌しココロやカラダに変化をもたらすから。
例えば、恋した女性は美しく見えます!これは恋をすると気持ちを明るくし、目や肌を輝かせるホルモンの分泌が沢山増え、錯覚ではなく輝いているということなんです。

また、女性は月経前にイライラしたり、肌が荒れるのは、「プロゲステロン」というホルモンの影響で、排卵前になると気分が明るくなったり、肌の調子が良くなるのは、「エストロゲン」という女性ホルモンの影響です。
なんとなく落ち込んだり、肌荒れが良くならない時はこのホルモンバランスの影響かもしれません。

そんな時は、ライフスタイルを見直すことがとても重要ですが、もしかしたら植物のアロマがそんな影響から抜け出す手助けをしてくれるかも!
実は、精油の中には構成成分が、女性ホルモンの構造と似ているものがあり、それらの成分はホルモンのような働きをすると考えられています。
書店に並ぶ本で、ホルモン様作用や、ホルモン調節作用などの効能があるとして紹介されている精油です。
不定愁訴でお悩みのとき、ネロリ油をアロマポットで優しく香らせたり、下腹部や、仙骨のあたりを植物油で2%~3%に希釈したマッサージオイルで優しく暖めるようにしてマッサージをすると、カラダもココロもリラックスし軽くなります。
また、ネロリ油はお肌の代謝を良くし、敏感なお肌の改善にもなるのでお勧めです。


ネロリ油はオレンジのお花の香り、純潔を象徴し花嫁のお花として用いられてきましたが、女性に幸福をもたらすそのアロマは疲れた心身を秋空のようにすがすがしくしてくれる気がします。



シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

BRAND LIST

ネロリラボタニカ
リンレンレメディアル
ママバター
メデルナチュラル
エール
フロル
イットオールナチュラル
ブラウンシュガーファースト
Lecura organic(ルクラ オーガニック)
anelia natural(アネリアナチュラル)
tiare ala(ティアレアーラ)
ティアレアーラ メディケア
EARTH&STOVE(アース アンド ストーブ)
ade tokyo(アデトーキョー)
COCO amie(ココアミ)
シゲタ
ジャネス
クオン
アタノール
オードローズ
ソルーナ
ベジキッチン
ゴギョウチャ
マイハビット
オーロメア
ナトラケア
ソネット