セラピストコラム

2009.03 JANESCE Organic skin care


Janesce skin care
化粧品に頼るケアから自らの肌力を引き出すケアへ

齢を重ねるごとに美しさを増す女性をシンシアガーデンで何人もお会いしました。
その方たちに共通して言えることは外見から放たれる内面の輝き。それは何かに頼るのではなく自分自身を信じる力。

オーガニック化粧品のJANESCEは自らの肌の機能を高め、強くしてくれる。
それはスキンセラピストであり自然療法家でもあるジャネススミスが自らの肌トラブルがきっかけで、どんな肌質でもトラブルを改善していくための独自の理論“スキンヘルス”を確立したから。
彼女のスキンヘルスはその香りや使い心地と共に確実な結果をもたらすことで評価を得ています。すぐに結果が出るものではないけれど、長く使うことで自らの肌力に気づきます。

シンシアガーデンでジャネスに出会った方のお肌は数ヶ月後お会いすると見違える美しさに驚くことがあります。そんな方たちの笑顔は数段輝いて内面から美しさが溢れています。





JANESCEの特徴
  1. 南オーストラリア州 アデレートヒルのクリーンな環境の中で有機栽培されるピュアな植物を原料に作られています。
  2. 植物の状態を損なうことなく作られるそのプロセスは極力水を使用せずに行われています。
  3. 防腐効果のある植物を巧みに使用しているため、石油系の防腐剤など一切使用していません。
  4. 高度な濃縮技術により、すべての商品を水で薄めて使用するため個人の肌の状態などに合わせて使用でき、また経済的です。




JANESCE特有のお手入れ法

『水と肌を結婚させる』〜ジャネスの商品コンセプト〜
保湿は肌タイプに関わらず大切でお肌の潤いが不足すると肌荒れやシミ、シワなどあらゆるトラブルの原因となります。オイリー肌の人でもお肌の水分不足で多量の皮脂が分泌し、オイリー肌の原因となっていることもあります。
そこでジャネスは「Wet the skin,Lock it in.」(肌を濡らし閉じ込める)ことこそが美肌を引き出すと考え、水分とハーブの恵みをお肌にたっぷりと与え、それを天然の潤い保持成分で閉じ込めるという簡単で効果的なスキンケアです。





アロマチックドロップ
『アロマチックドロップ』芳香洗顔料

精油が香る『アロマチックドロップ』(芳香洗顔料)は軽い洗浄効果があります。
また全ての商材は、『アロマチックドロップ水』と一緒に使用することで、ジャネス化粧品の効果を最大限に引き出します。

アロマチックドロップ水とは…
洗面機などにぬるま湯を入れ、アロマチックドロップを2.3滴落とします。
これが『アロマチックドロップ水』です。
アロマチックドロップ水は朝の洗顔や、クレンジング後のすすぎ、保湿、ジャネス商材を薄める時などに使用します。





私は以前、東京の古いマンションで一人暮らしをした時、肌荒れをし、お肌がごわごわ、かさかさになりました。そこで、食生活や生活リズムを見直しても良くならない時にジャネスの『アロマチックドロップ』を使用し始めました。
肌荒れは顔だけではなく、体にも影響していたため、まずお風呂の湯船にアロマチックドロップを 5滴〜10滴程落とし入浴しました。
まず、感じたのはお湯の柔らかさ。
ほんの少しのアロマチックドロップなのにこんなにもお湯が柔らかく滑らかになることに驚きました。
精油は脂溶性のためお湯には溶けませんが、『アロマチックドロップ』は水溶性のため お湯にきちんと解け、お肌に刺激がないことも荒れたお肌には優しく、ほのかな香りにもホッとできました。そして、徐々にお肌のごわごわ、かさかさも良くなり回復しました。お水が違うだけでこんなにも違うのかとさらに、クレンジング後のすすぎ、洗顔にもドロップ水を使用し、ドロップ水で湿った顔にジャネスの化粧水『ローザペタルミスト』で優しくパッティングしました。 アロマチックドロップ それから乳液『ナリシングミルク』で潤いを閉じこめ、美容液とサンケアを兼ねそろえる『サンケアローション』で保護しました。
それまでオーガニックの植物性コスメを続けて使用したことがなく、ジャネスを使い始めた時は何となく物足りなさを感じましたが、「とりあえず2か月は使ってみて。」とアドバイスを頂き、3か月もしたころ肌荒れをしにくい肌になっていることに気付きました。

ジャネスの考える美肌へのスキンケアは特別なことではなく、人が本来持っているお肌の調整機能を引き出し、高めるための手助けをしてくれるものと肌で感じさせてくれるのです。







Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.03 子どもアロマ

精油のある暮らし

春爛漫!
光溢れ、新緑が眩しい季節になってきました。
風さえ輝いて、爽やかなエネルギーを感じます。

先日ベビーマッサージ講習がありましが、爽やかな陽だまりの中、とても楽しいひと時でした。お部屋ではほんのりアロマを炊き、ベビーマッサージ中も終止、和やかでした。
この時のブレンドは、オレンジスィート&マンダリン&サイプレス。
甘いフレッシュな柑橘系の香りとサイプレスの森林浴のような清爽なアロマのブレンドは子供も大好きです。

シンシアガーデンはベビーカーを引いたママ達もよくいらっしゃいます。
マタニティ期からナチュラルコスメや、アロマを活用され、出産後に子供と一緒に楽しむ方も多いので、シンシアガーデンの商品やカフェなど愛用してくださっています。
そこで、来月は子供の日も控えていることですし、子供にも大人気な「マンダリン油」についてお話をします。


マンダリン油はミカン科の果実の果皮から抽出されます。
太陽をたっぷり浴びた果実の甘みのあるフレッシュな香りは、心身をリラックスする働きに優れています。
マンダリン油は、アロマテラピーにおいて用途の広い精油のひとつとされていますが、とりわけ、妊婦さんや、
幼児に用いられます。
特に芳香浴が一番のオススメ!
ただし、どの精油にも共通していえることですが、妊娠期に連用はNGです。
また、妊娠線予防クリームにオススメとされますが、マンダリン油は弱い光毒性やお肌の弱い方には刺激を起こすことがあるため注意が必要です。


マンダリンとランプ

子供部屋での火気はオススメできないので、デュフューザーやアロマランプで、就寝前にオレンジスウィートやレモン、グレープフルーツなどお好きな柑橘系と合わせてブレンドしてお楽しみ下さい。
神経が過敏になって落ち着きをなくしたり、寝つきが悪い子に、マンダリンがパパやママのぬくもりにも似た安らぎを与えてくれますよ。


シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.05 敏感なお肌の方へ


Mama butter Face care

敏感なお肌のかたへ

社会や、日常の忙しさで心身のバランスを崩し、さらに食生活や環境の変化によって何らかの 皮膚トラブルを抱え、自分は敏感肌だと認識している人が年々増えているそうです。

ママバターのフェイスケアシリーズはそんな方々に朗報の自然派コスメ。
敏感なお肌が正常な皮膚機能を取り戻すために必要なケアがママバターフェイスケアシリーズ で叶いますよ!





敏感のお肌の人に最も大切なこと。
それは、乾燥を防ぐこと。

これからの時期、外では紫外線、室内では冷房などの影響で知らず知らずに乾燥を招きやすくなります。
ママバターフェイスケアシリーズは乾燥を防ぐための簡単3ステップスキンケア!

  1. 「落とす+潤す」 ママバターフェイスケアピュアソープ
  2. 「潤す」 ママバターフェイスケアモイスチャーローション
  3. 「保護する」 ママバター





ママバターフェイスケア ピュアソープ

敏感肌の人が正常な皮膚機能を取り戻すためには、不必要な 皮膚の汚れを取り 除き、浸透しやすくなったお肌にたっぷりと水分と油分を補給することが大切です。

1「落とす+潤す」ママバターフェイスピュアソープ






ママバターフェイスケア モイスチャーローション

敏感肌の人が、環境の変化や、体調の変化によって トラブルを起こしやすいのは、角質の水分保持が低下し、 皮膚表面の皮脂膜も不十分で、 皮膚のバリアが十分にバリア機能を果たさなくなっているためです。
そのため外からの刺激に大変弱くなり、 アレルギー物質や刺激物質も侵入しやすく、 特定の成分や紫外線などによる皮膚トラブルが起りやすい状態です。

2「潤す」ママバターフェイスケアモイスチャーローション






ママバター

皮脂表面を覆っている皮脂膜が水分の蒸発を防いでいます。
また、弱酸性の皮膚膜によって、その殺菌作用で細菌から身体を守ります。

3「保護する」ママバター






また、お肌は身体最大の臓器です。心身の健康のバロメーターでもあるため、心身的な負担や、ダメージがお肌の機能を低下させ、肌荒れの回復を遅くすると言われています。
それは、心身のダメージが、自律神経や、免疫に対して大きな影響を与え私たちが本来持っている自己回復システムのバランスを崩しているからです。

お肌を美しく健康に保つためには、心身の負担を発散することを心がけることも とっても重要です!
私もお肌がとても敏感でしたが、心身を労わり、心の負担を発散することを積極的 に行うことで、お肌の様態が変わることを実感しました。
自分を労わることが美肌への近道なんですね。




【参考文献:心を癒すスキンケアの科学  アロマテラピーコンプリートブック】




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.06 お家の香り変え

精油のある暮らし

雨音に耳を傾けながら読書を、と思いつつ…
ソファーでうたた寝…
そんな休日も悪くはないのですが、この時期カラダがとてもリラックスモードに。
長雨の影響から気分やカラダの調子に変化を感じる方も多いようです。
これは気圧が関係し、雨や台風の起るこの時期は低気圧が盛んになることで、副交感神経が働き、心身がリラックスした状態に。
休日はこれでもいいのですが、
仕事中や、授業中にこの睡魔は困ったもの。


この眠気を覚ます梅雨にオススメの香りがあります。
  それはペパーミント油とレモン油の香り…

ペパーミントの清涼感ある香りが気分を爽快にしてくれます。
日常生活でも、匂いのきつい食事後にペパーミント配合のガムや歯磨きで
気分をすっきりリフレッシュ!なんてことありますよね。
一瞬で気分転換できる香りです。
また、ペパーミント油は0−157の殺菌に対する優れた作用があるため、キッチン周りのお掃除やフキンに1滴垂らし使用するのもオススメです。


レモンの精油はレモンの酸味のある柑橘の香りがシャキっと目覚めさせます。
お部屋に漂わせておくと空気を浄化!
カビが発生しやすくなるこの時期に欠かせない精油のひとつです。
洗濯物の部屋干しの匂いが気になる時、お部屋で芳香してみてください。
匂いの原因、雑菌の繁殖をレモン精油が穏やかに殺菌!
レモン油のような柑橘系の香りはモノテルペン類が豊富なため殺菌作用が高いんですよ。


そして、『カビ』の匂いは嗅ぎ続けると数分でほとんど感じなくなりますが、脳にはストレスを与えているという実験結果もあるので、殺菌パワーの優れたペパーミント油とレモン油で頭をクリアにし、
快適な日々をお過ごし下さい。


シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.07 ナチュラルな虫除け

精油のある暮らし

夏の香りといえば何を想像しますか?
樹木の香り、海の香り、花火の香り…香りは意識していなくても思い出の中に必ず残っているものですね。
私の夏の定番の香りはシトロネラの香り…
アロマテラピーを始めてから夏といえばこの香りです。
シトロネラ油はレモンにも似た爽やかでスパーシーな香りがします。
虫除けハーブとして知られていますが、夏には蚊除けとして大活躍してくれます。


最近は精油を使用したナチュラルな虫除け商品を探している方がシンシアガーデンにも多くいらっしゃいますが、虫除け商品には必ずといっていいほどシトロネラ油が入っています。
それはシトロネラ油の成分のシトロネラールに虫除け作用があるから。
とはいうものの、精油を使用したナチュラルな虫除けが実際どのくらいの効果があり、
子供やペットにも安心して使えるのか…
気になるところですよね。
私は蚊に刺されやすい体質なので虫除け対策していないと大変ですが、
昨年、川沿いの花火大会に出掛け、シトロネラ油をブレンドした虫除けスプレーを30分おきくらいに体全体に吹きかけ、川原に4時間近くいましたが、一匹も刺されずに快適な夕涼みが出来ました。
30分置きに香りを楽しむ感覚でスプレーをしていたので面倒だなと感じることもなかったです。
また、6歳と5歳になる姪っ子と甥っ子と遊びに行くときも使用していましたが3人ともほとんど刺されません。
夜、寝る時にはデュフューザーやアロマランプ(電気)でシトロネラ油を香らせ、窓を開けて寝る時は雨戸に虫除けスプレーを吹きかけておくのもおすすめです。



子供、ペットへの精油の使用量(希釈濃度)はアロマテラピーでは体重費計算になります。
「子供は大人の半分で!」というのは大人、50kgの体重の人が使用する濃度に対し子供、25kgの使用量の目安になっています。
ですので、必ずしも子供=大人の半分というわけではありません。

■  10kgの赤ちゃん(生後6ヶ月くらい)に使用するとき  ■

 1、10kg÷50kg=0.2
  50kgの体重の人の適量が10 滴だとすると
 2、10×0.2=2
  で10 kg の赤ちゃんには2 滴使用できることになります。
■                                 ■

ペットも同じように体重比計算ができるのでアロマ商品を使用するときの目安にしてください。
市販されているナチュラルな虫除けスプレーなどを使用するときも体重比計算をし、希釈するか、洋服や直接肌の触れない周りに大人と同じ濃度で使用してもいいですね。
是非夏の思い出と共にシトロネラ油を香らせてください。



シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.08 万能な香り 虫刺され スキンケア

精油のある暮らし

今年は冷夏で過ごしやすい日々が幾分続いたとはいえ、まだまだ残暑が厳しそうです。 ミンミンゼミからヒグラシ、鈴虫の鳴き声に秋の気配を感じつつ…


店頭ではラベンダーは収穫の時期を迎え、そろそろ今年のラベンダー油が並び始めました。 ラベンダーは昔からたくさんのエピソードと共にその優れた効果が伝えられていますよね。
例えば、中世のヨーロッパではチフスなどの疫病が流行し多くの人々が犠牲になりましたが、ラベンダー農場で働いていた人々は疫病にかからなかったと言い伝えがあり… また、火傷にラベンダーの精油をかけたところとても早く回復し、古代ローマ人は傷の洗浄や沐浴にラベンダーを利用し傷を癒しました。


アロマテラピーでも何を使うか迷ったときはラベンダーを使えと言われる万能っプリです。 以前の精油のある暮らしでも少し話をしましたが、アロマテラピーで使われるラベンダーの種類はいくつかあり、その成分の違いから、効能、効果が違うため、使い方、使い道が変わります。一般的に言われるラベンダーというのは「真正ラベンダー」のことが多く、鎮静効果やリラックス作用に優れています。
また、子供から大人まで使いやすい安心な精油で、直接塗布できる精油のひとつです。 私は必ずこの「真正ラベンダー油」をポーチに入れて持ち歩いていますが、あらゆる場面で活躍します。



例えば…
■ 虫刺され
直接塗布します。私は蚊に刺されると腫れあがってなかなか引かない体質ですが、すぐにラベンダー油を幹部に塗布するとかゆみ、炎症が消えます。
■ 吹き出物
大きくなりそうなときに直接塗布すると炎症が引きひどくならずに済みます。

■ アフターサンケア
紫外線による疲れたお肌にはラベンダーが一番!!私は日本酒にラベンダー油を溶かしミネラルウォーターを加えローションを作ります。 2〜3%くらいの濃度で作ります。
アルコールの苦手な方のスキンケアはラベンダーのフラワーウェターだけでもいいですよ。 以前日焼けによる湿疹、炎症が引かないとき、ラベンダーのローションを使用したところ湿疹も、炎症も引き、とても驚きました。

ラベンダー精油は秋に向けてココロとカラダに安らぎを与えてくれます。 自分好みのラベンダー精油を見つけ、自分流の使い方を見つけてみるのもいいですね!



シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2009.09 美しくなる美容液 ホルモン×香り

精油のある暮らし

気持ちが若く、前向きな人はいくつになっても輝き、その魅力は年齢を重ねるごとに増すばかり。そんな人たちに共通するのはココロのケアを怠らないこと。
スキンケア、ボディケアは、日々の努力によって随分違いが出てくるのは事実ですが、何よりも年齢によるココロの疲れを感じさせないことは、その魅力を引き出す上で欠かせない要素のようです。

それは、私達のココロで感じたことは、脳で感知されると脳からさまざまな「脳内伝達物質(ホルモン)」を分泌しココロやカラダに変化をもたらすから。
例えば、恋した女性は美しく見えます!これは恋をすると気持ちを明るくし、目や肌を輝かせるホルモンの分泌が沢山増え、錯覚ではなく輝いているということなんです。

また、女性は月経前にイライラしたり、肌が荒れるのは、「プロゲステロン」というホルモンの影響で、排卵前になると気分が明るくなったり、肌の調子が良くなるのは、「エストロゲン」という女性ホルモンの影響です。
なんとなく落ち込んだり、肌荒れが良くならない時はこのホルモンバランスの影響かもしれません。

そんな時は、ライフスタイルを見直すことがとても重要ですが、もしかしたら植物のアロマがそんな影響から抜け出す手助けをしてくれるかも!
実は、精油の中には構成成分が、女性ホルモンの構造と似ているものがあり、それらの成分はホルモンのような働きをすると考えられています。
書店に並ぶ本で、ホルモン様作用や、ホルモン調節作用などの効能があるとして紹介されている精油です。
不定愁訴でお悩みのとき、ネロリ油をアロマポットで優しく香らせたり、下腹部や、仙骨のあたりを植物油で2%〜3%に希釈したマッサージオイルで優しく暖めるようにしてマッサージをすると、カラダもココロもリラックスし軽くなります。
また、ネロリ油はお肌の代謝を良くし、敏感なお肌の改善にもなるのでお勧めです。


ネロリ油はオレンジのお花の香り、純潔を象徴し花嫁のお花として用いられてきましたが、女性に幸福をもたらすそのアロマは疲れた心身を秋空のようにすがすがしくしてくれる気がします。



シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.02 Happy Ginger Life


Happy Ginger Life

最近よく耳にする、“ジンジャラー”をご存知でしょうか。
若い女性の方達に、急増しているといわれているジンジャラー。

日常の食事に積極的に生姜を取り入れて、冷え性対策や風邪防止をしているのだそうです。
冷え性は、女性の大敵のひとつですよね。
私たちセラピストがトリートメントに入る際に、お客様との会話で
「冷え性で悩んでいます」というお話は本当に良く伺います。
または、ご自身で自覚はしていなくても、実際に、お体に触れてみますと
驚くほど冷たい足先だったり・・・。





シンシアガーデンでは、五行茶に生姜をプラスしてお出ししています。
トリートメント前にお召し上がり頂くことで、相乗効果が期待でき、
体がぽかぽかに温まります。

ご自宅でのアドバイスとしては、入浴をシャワーだけで済まさずに、
湯船にゆっくりつかってもらうこと、
そして、紅茶に生姜のすりおろしと、はちみつを加えたものを
就寝前に召し上がってもらうことなどをおすすめしたりしています。
生姜は比較的どんな食材にもあうので、
毎日のお食事に少しプラスされるのもおススメです。
ただし、過剰摂取は胃を刺激してしまうのでほどほどに・・・。







アロマテラピーの世界でもジンジャーは一般的に
血行を促進して体をあたためる作用があると考えられています。

この働きにより、関節や筋肉の痛みを和らげる効果が期待できます。

このジンジャーが配合されている商品はこちら

  リンレン シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー

  バジャー マッサージ&ボディオイル リラックス

  シノワシリーズ 入浴剤








食べる生姜は苦手と言う方は香りでジンジャラーの
仲間入りをしてみてはいかがでしょうか。

心も体もぽかぽかになるアイテムです。お試し下さい。








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.03 植物のパワーで免疫力アップ

精油のある暮らし
東京は春一番が吹き、春の訪れを感じられるようになりました。
桜の開花も待ち遠しいですね。

この春から新しい環境でお仕事される方や、新しく何かをはじめられる方も多いのではないでしょうか。

春はなんとなく気持ちがざわざわしたり、今までになかった体調の変化や、アレルギー性症状を起こす方が増えてくるといわれています。

そんな時こそ、植物のエネルギーを借りて、自己免疫力UP!

免疫力を高めるには
 ◇身体を冷やさない
 ◇十分な休息
 ◇ストレスを溜めない
 ◇質のよい睡眠
 ◇笑う
 ◇無理のない運動

などが効果的といわれています。
心身ともに健康であるために、植物のエネルギーは、いろいろな場面で私たちの力になってくれます。

まずは・・・身体を温めましょう。


最近は、低体温症の方が増えてきているそうです。
体温が一度下がると免疫力は30%ダウン。
ストレスが長くかかると、自律神経のバランスがくずれて、血流が滞り、低体温になりやすいとか。
そんな時こそ、心地よい香りでリラックスバスタイムを。

天然塩 40gに エッセンスシャルオイルを3〜4滴。

おススメは、免疫力をアップしてくれるといわれている、ユーカリラベンダー
自律神経働きかけてくれるといわれるゼラニウムマージョラム
ゆっくりバスタブに浸かって、カラダの疲れと一緒にココロもリセット。

カラダの芯まで温まったら・・・

一日頑張った自分へ、セルフトリートメント。
エッセンシャルオイルの成分は分子量が小さいので、
皮膚の内部に浸透し、免疫力を強化して血液やリンパの流れを促してくれるといわれます。
ソフトなタッチのトリートメントは、カラダの緊張をほぐし、頭の疲れもほぐしてくれます。

おススメはバジャー マッサージ&ボディオイル リラックス

香りでじんわりココロが解きほぐされて、カラダはぽかぽかに。
今日の疲れを明日に残さないために、特に疲れているところは念入りに。
おなかを時計回りにゆっくりマッサージすると、リラックス効果が倍増します。
質の良い睡眠のため、おススメの香りは、
ラベンダーマジョラムオレンジゼラニウムなど。

ご自身が心地よいと感じる香りを選んでください。
そのとき、一番必要なものを、一滴のエッセンシャルオイルから受け取ることができるハズ。
無理せず、お手軽、簡単に、そして何よりも楽しく、自己免疫力をアップ。
日常に香りがプラスされるだけで、私たちの毎日は輝き増してくれます。
植物のエネルギーは素晴らしいですが、その素晴らしさを受け取ることができる私たちもまた、とっても素敵ですね。


シーズンコラム「花粉症の季節を楽しく過ごすヒント」 アタノール エッセンシャルオイル ティートリー アタノール エッセンシャルオイル レモン 音楽機能付 アロマミストディフューザー YUN アタノール エッセンシャルオイル ペパーミント



Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.05 Happy Lavender Life


Happy Lavender Life

アロマテラピーで最も多く使用される「ラベンダー」についてお話します。

「ラベンダー」なしでは、アロマテラピーは語れないといわれるほどですが、 実は、「ラベンダー」の香りが大の苦手でした。

私の中では、「ラベンダー」の香りが良いイメージではなく、安眠やリラックスに効果的と聞いてはいても生活の中に取り入れることはありませんでした。
ところが、一つの商品の出会いで、「ラベンダー」のイメージががらりと変わり、今では必ずポーチに「ラベンダー」アイテムを入れておくまでになりました。





今から、6年程前のこと、シンシアガーデンのWEBショップでもお取り扱いのある「アタノール」のブランドに出会いました。 ひとつひとつの商品を手に取り、使用感を確かめたり、香りを楽しんだりしていました。 そこで、ふと「ラバンジュラフラワーウォーター」を手に取り(残念ながら現在は生産されていません。)、香りを試してみると、一瞬にして、目の前にどこまでも続くラベンダー畑が現れ、まるでラベンダー畑にいるかのような感覚になりました。

同時にココロの緊張がほぐされていくのがわかりました。そのときの感覚は今でも鮮明に残っています。 香りはダイレクトに脳に伝わるので、誰かのつけている香水から過去の記憶が一瞬にしてよみがえったり、風の香りで季節を感じたりすることがありますが、 私自身、行ったことのないラベンダー畑に一瞬にしてトリップしてしまうような経験は初めてでした。 ラベンダーのフラワーウォーター(芳香蒸留水)から生命力をも感じ、はじめて本物のラベンダーに出会えたようにおもいます。 この経験から、今までのラベンダーのイメージは払拭され、本物のラベンダーはこんなにも心地よくカラダとココロに働きかけるものだと感じました。





ここで、「ラベンダー」をポーチに欠かさず入れておく理由ですが、「ラベンダー」は万能の精油。 心に対して、興奮、緊張、不安、PMS(月経前緊張症)、不眠など、 体に対しては、月経痛、頭痛、腰痛、風邪など お肌には、手あれ、傷、やけど、虫刺され、かゆみなどなど。 本当にたくさんの用途があります。 カラダとココロのバランスをとってくれるともいわれるので緊急時にも使えるレスキューアロマです。 春はココロもカラダも影響を受けやすい季節。ラベンダーが好きな方も苦手な方も、新しい出会いがあるかもしれません。シンシアガーデンでお気に入りのラベンダーアイテムをみつけてみては?






ラベンダーの精油が含まれているおススメアイテムはこちら

esseintial oil

アタノール エッセンシャルオイル ラベンダー
 アタノールのエッセンシャルオイルはとてもワイルドな香りが特徴です。植物のパワーがたっぷりつまっています。
face and body care

リンレン ボディー&フェイスミスト ラベンダー
リラックス効果のある成分“酢酸リナリル”が多く含まれる高品質のラベンダー「オカムラサキ」の芳香蒸留水。おススメの使用方法はコットンパック。コットンにフェイスミストをしみこませて、お顔のパックを。眼の上におけば、眼の疲れもすっきり。
ママバターリュクスラベンダー
ママバター100%にラベンダーのエッセンシャルオイルが配合。潤いだけでなく鎮静効果も期待できるので、肌荒れや乾燥に気になるときにも。
skin care

ママバターフェイスケアモイスチャーローション
シアバター8%配合で、ラベンダーの精油もブレンド。 モイスチャーローション一本で、潤いも実感できるので、シンプルにお手入れしたい敏感な時期におススメ。
ジャネス ラバンジュラ アロマチックドロップ
お肌がとっても敏感になっている方に、おススメします。まずは、ドロップ水で芳香洗顔と、ローションパックを。入浴剤としてお風呂に5〜6滴垂らせば、気になるボディの乾燥もケアできます。




シーズンコラムはSINCERE GARDENの中で、アロマテラピーインストラクターの資格をもつセラピストがお届けしています。
沢山のお客様のお肌に触れてきたセラピストだからこそお伝えできる季節に合わせたナチュラルコスメとのお付き合い。





Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.08 夏バテにもアロマ

精油のある暮らし

夏本番。
東京は梅雨明け前から、暑い日が続いています。
寒い季節には、ジリジリと焼け付く太陽がとっても恋しいのに。
いざ夏になると、この暑さと湿気に負けそうですね。
日本の夏は温度だけでなく、湿度も高いので過ごしにくいとも言われます・・・。

みなさん、夏バテしていませんか?
冷房がなかった頃は、猛暑による体力低下や食欲不振など「夏やせ」と呼ばれる症状が多かったのですが、冷房が普及した今日では気温湿度の急激な変化によって自律神経のバランスが崩れて心身ともに様々な症状として現れます。

  • 全身の疲労感
  • イライラ
  • めまい
  • 食欲不振
  • むくみ
  • 思考力低下
  • 下痢、便秘
などなど。 夏バテに負けずに、夏を楽しめたらいいですね。



交感神経と副交感神経で構成される自律神経は、呼吸と連動しているので、エッセンシャルオイルを嗅ぐことによって深い呼吸ができ、バランスも整い効果的です。
夏に人気の香りは、やはり柑橘系のレモンやグレープフルーツや、スキッと爽やかなペパーミントやローズマリーなど。
どれも夏バテには効果的な精油といわれています。
効能効果は知らなくても、自然とそのときに必要な香りを選んでいるのですね。


夏でも湯船に浸かって体を温めたり、一日の疲れをリセットすることをおススメしていますが、なかなか現実的には難しいという方も多いですね。

そこで、夏のおススメアイテムのご紹介です。

リンレン ボディーシャンプー ユズ&ジンジャー
ユズの香りがバスルームに広がり爽やか。ジンジャーで血行促進。夏のバスタイムが楽しみになります。
リンレン クレンジングソープミント&ローズマリー
ミント&ローズマリーといった夏にぜひ使いたいアイテム。
スーッと心地よい使用感でお風呂上りも爽快です。
夏バテにもアロマは頼もしい見方です。是非、取り入れてみてくださいね。






Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.09 Good sleep


Good sleep

質の良い眠り

今年の夏は本当に暑かったですね。
シンシアガーデンにご来店くださるお客様も、暑くてへとへとになっている方も・・・。
エアコンの室外機からでてきる熱風のような暑さ、いったいいつまで続くのでしょうか。
この暑さで、テレビや新聞でも熱中症のニュースが絶えなかったですね。
熱中症対策とはいえ、日中はエアコンを使用しても、就寝時にはエアコンを使いたくないという方も多いのではないでしょうか。





特に、今年の夏は、暑さの影響で、睡眠不足や睡眠が浅く、朝起きても疲れが取れずに、だるかったり、一日ボーっとしてしまうなどといったお声を頂き、質の良い眠りが取れていないと感じている方がとても多かったです。 睡眠は、ココロとカラダのメンテナンスをする大切な時間。 質の良い睡眠のために実践できることとは?





・寝る前にインターネットやパソコンをしない。
 (脳が刺激されて神経が高ぶってしまいます)

・ぬるめの湯船に浸かってゆっくりリラックス。

・夕食は腹八分目

・軽い運動をする。(お休み前のストレッチなどもおススメです。)

・週末に寝だめをしない。

・睡眠環境を整える。

などなど・・・。





こんな時こそ、アロマの香りを生活に取り入れるチャンス。
バスタイムには、“マグウォルトバスエッセンス”を。
ぬるめのお湯にマグウォルトバスエッセンスを垂らすと、香りがバスルームに広がってリラックス。さらに、カラダの内側からじんわりとあたためます。
エアコンで冷えたカラダのケアにも最適、紫外線を浴びて乾燥が気になるボディーの保湿もOKです。

マグウォルトバスエッセンス
マグウォルトバスエッセンス




五行茶 火[ka]
五行茶 火[ka]

お風呂あがりにはリラックスティータイム。
質の良い眠りに導いてくれるブレンドの“五行茶 火”
薬草とハーブのブレンドがカラダに染みわたります。





お休み前には ソルーナ エネルギースプレー。
まるで森林浴をしているかのような香りがひろがり、
植物のパワーを感じられます。
気持ちのコントロールに最適なブレンド、寝る前にも、目覚めにもどちらでもOK。
湿気や暑さも吹き飛ばし、簡単に取り入れられるルームスプレーです。

SOLUNA エネルギースプレー
SOLUNA エネルギースプレー




日本人の5人に1人が不眠に悩んでいるといわれる時代。
日の出とともに起きて、日没とともに眠るという生活はできませんが、
ココロとカラダが心地よいと感じられる環境で、すっきり目覚められる質の良い眠りを・・・。






シーズンコラムはSINCERE GARDENの中で、アロマテラピーインストラクターの資格をもつセラピストがお届けしています。
沢山のお客様のお肌に触れてきたセラピストだからこそお伝えできる季節に合わせたナチュラルコスメとのお付き合い。




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.10 植物の恵みで美髪へ

精油のある暮らし

しぶとい暑さも一気に和らぎ、秋の気配が、ただようようになってきました。
重ね着や、上着、ブーツなどなど、そろそろ本格的な秋のファッションを楽しめる過ごしやすい季節の到来です。
お洋服と一緒にコスメや身の回りのアイテムも秋〜冬仕様に準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。

秋は、寒い冬を元気に過ごすための心と体の準備期間でもあります。
夏のダメージを取り除き、寒い冬を乗り切るためのおススメアイテムをご紹介します。

お肌も頭皮も髪の毛も、夏の強い紫外線でダメージを受けていたり、夏の暑さは自分で思っているより身体に影響を与えていることも。

まずはセルフケアとして、頭皮のマッサージがおススメ。
秋の夜長に自分をいたわってあげる時間を作ってみては・・・。

頭皮マッサージにおススメのアイテムはこちら。

頭皮をケアする
シャンプー&トリートメントのリンレンの新商品 
「コナツ&カメリア」



“コナツ”は、名前の響きもかわいいのですが、別名、ニューサマーオレンジ、日向夏と呼ばれます。食べる時は、りんごのように皮をむいて内側の白い皮も一緒に食べるのです。気になるお味は、上品な甘さとほのかな酸味。
リンレンに使われているのは、高知県産のコナツ、太陽の光をいっぱい浴びて育ちました。


そして“カメリア”。
カメリアは“椿”。学名“カメリアジャポニカ”といい、日本原産の植物で、
椿の種子からとれる椿油は、日本の特産油のひとつです。
その歴史は今から約1200年前の平安時代初期にさかのぼり、食用、灯用、化粧用、髪用として主に貴族を中心に使われていたそうです。
当時から、椿油は髪を輝かせ、しなやかにするということで、庶民の頭髪用油として需要が高まった背景もあり、江戸幕府からの要請で、椿油が年貢として納められるようになったといわれています。
椿油は、人間の皮脂の主成分であるオレイン酸を、自然界で最も多く含んでいます。
そのために人間の肌ととっても相性が良いといわれます。

コナツ&カメリアのシャンプーでしっかり汚れを落としたら、水分を軽くとってから
毛先中心にトリートメントを塗布。残りを頭皮になじませます。
頭皮近くに指を差しいれて、根元近くの髪の毛を引っ張るようにして頭皮を刺激したり、
指先で頭皮を軽くたたくようにしたり。痛気持ちいいくらいの強さで頭皮のすみずみまでマッサージ。
コナツのさわやかな香りで気持ちもリフレッシュ。
念入りにマッサージしたい方はこちら

気の遠くなるような長い時間を超え、私達の元に届いた植物の恵み。
昔から変わらずあり続け、受け継がれてきたのは、その効果が本物である証。
平安時代に思いをはせて、今夜も頭皮マッサージ。
潤ってまとまる美髪を手に入れて、冬の厳しい寒さに耐えられる準備を・・・。






Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.12 乾燥の季節に


乾燥の季節に

暑い夏が終わりすっかり冬の訪れを感じる今日この頃。
シンシアガーデンのお客様の中にも温度差についていけずに体調を崩している方や急に乾燥が気になるとおっしゃる方をお見かけします。
夏の紫外線の次は、寒い季節の天敵、乾燥ですね。





空気が乾いたこの季節を迎えると、肌のカサカサ、ざらつきが気になってきます。
見た目以上につらいのが、かゆみ。
かゆいとついつい掻いてしまいますが、一度掻いてしまうと更にかゆみが誘発されてしまうことも。
乾燥肌のケアのためには、あまり洗浄力の強いもので洗いすぎない、過度に皮脂を取り過ぎない、水分油分をバランスよく補うなど、外側からのケアはいくつか思い浮かぶと思います。
そのほかに、生活習慣や食生活が関係していることもあるそう。
カラダの内側からも乾燥肌のケアを考えてみませんか。





乾燥肌の要因としては、
過度の洗浄
生活環境
長時間の入浴
ストレス
などがあげられます。

なかなか全ての要因を取り去ることは難しいですが、
体質改善を期待しつつ、簡単に生活の中に取り入れてみては?





オリエンタルハーブティー 金

心と体のバランスを整えて、人間が本来もつエネルギーを高める東洋と西洋の植物がブレンドされ、おいしく続けられるお茶。
ハトムギベースで香ばしく、どくだみ、紫蘇、桂皮といったスッキリした味わいが、のどや鼻に心地良く、花粉などのアレルギー対策にもおススメ。 「金」は、陰陽五行説であらわす臓器では「肺」。
冬になり空気が乾燥すると、鼻水や咳といった風邪の症状や、皮膚のかさかさに悩まされます。「肺」は潤っている状態を好むからなんだそうです。

五行茶 金[kon] −オリエンタルハーブティ




お茶は毎日続けることで少しずつ効果を実感できるもの。
毎朝、お茶を作って、お気に入りの水筒に入れて外出先のお供に、いかがですか?
ちょっとした休憩時間が、自分を気遣う贅沢な時間になるかもしれません。





シーズンコラムはSINCERE GARDENの中で、アロマテラピーインストラクターの資格をもつセラピストがお届けしています。
沢山のお客様のお肌に触れてきたセラピストだからこそお伝えできる季節に合わせたナチュラルコスメとのお付き合い。




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2010.12 ユーカリで深呼吸

精油のある暮らし

外苑前の銀杏並木もすっかり色づき、シンシアガーデンの前を通って、外苑までお散歩。
一年を通してこの季節に一番多くお見かけする光景です。
シンシアガーデンの金柑の木もキレイに色づき、季節の移り変わりを楽しむとともに、冬への備えを始まる時期でもあります。

今年は特に、気温差が激しいので、風邪などひかないようにいつも気をつけているという方も多いのではないでしょうか。

私達セラピストは、そんな方にこそ、ぜひぜひ、シンシアガーデンを利用していただきたいと思っています。
免疫力を高めるには

  • ・体を温める
  • ・食生活に気をつける
  • ・充分な睡眠時間をとる
  • ・ストレスを溜めすぎない

など、生活習慣を見直すことが効果的といわれますが、実は、シンシアガーデンには効果的な要素がたっぷりつまっています。
リフレクソロジーやオイルトリートメント、ハーブスチームでカラダを芯から温めて、カラダの疲れやストレスを解消。
トリートメントの後には、ガーデンカフェでカラダが喜ぶ野菜たっぷりのお食事を。
3フロアーをとおして、美しく(健康的に)、やさしい(カラダとココロが喜ぶ)くらしのお手伝い。

それでも、風邪を引いてしまったときのポーチに一つ忍ばせておきたいレスキューアイテムはエッセンシャルオイル ユーカリ です。

ユーカリは、オーストラリア原産で、一般的によく使われるユーカリグロブルス種のほかに、ユーカリラディアータ、ユーカリレモン(ユーカリ シトリオドラ)などがあります。
オーストラリアの先住民アボリジニはこれを生薬として使ったり、怪我をした時にはこの葉を包帯代わりにしたそうです。

<ユーカリグロブルス>
鼻がスーッと通るようなシャープな香り。
風邪・インフルエンザ・気管支炎・免疫の低下・咳や痰、過剰な粘液で苦しい時に効果的。
呼吸器系でもどちらかというと気管支や肺などの下気道の症状によいとされ、心理的にも、息がつまるような苦しい感じを取り去ってくれます。
芳香浴や、吸入、アロマバスでの使用がおススメです。

<ユーカリラディアータ>
心地よく染みとおるようなスーッとした香り。
ユーカリグロブルスとラディアータは、含有成分、用途が似ているのですが、ラディアータの方が香りと作用が優しく、ユーカリの中でも刺激が少ないとされています。
お子様にはラディアータ種がおススメ。
呼吸器系でもどちらかというと鼻やのど、上気道や耳の症状に効果的といわれています。
ココロへの働きかけとしても、余裕を取り戻して、一息つくことを助けてくれます。
芳香浴として使用すると、感染予防にもなり、マスクに垂らしておけば、鼻づまりやのどのイガイガにも効果的。


ユーカリといえばコアラ。コアラといえばユーカリというほどですが、ユーカリの種類は実に500種類とも600種類ともいわれ、成長がとても早く100mになる大木も。 コアラが食するのはこのうちの数種類。そして、精油として使用されるユーカリはわずか15種類ほどと言われます。

風邪や鼻、のどに違和感があったり、心理的に、息苦しいときも、 カラダの隅々までいきわたるように深呼吸。ネガティブなエネルギーを排出して、新しいエネルギーをたっぷり吸収。免疫力をアップするとともに、また一歩前に踏み出すパワーもわいてくるかも。






Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2011.01 花粉症対策&予防


花粉症対策&予防

タイトルをご覧になって、「もう花粉症対策?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
昨年暮れから寒さが本格的になってきていて、今が冬本番。
しかし、スギ花粉は2月中ごろから飛び始めます。
花粉量は、前年の夏の気象条件に大きく影響すると言われ、今年2011年の花粉量に影響する2010年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も平年より長くなりました。
そして、2010年春は全国的に花粉が少なかったと報告されており、花粉の少なかった翌年は増える傾向にあります。

2011年は全てにおいて花粉量が増える条件がそろっており、なんと、昨年の4倍!!といわれています。
毎年、花粉症と戦っているかたも、まだ大丈夫というかたも早めの対策&予防を心がけたいですね。





花粉症対策や予防にも様々な方法がありますが、
鼻の粘膜を冷たい外気などで乾燥させない、常に暖かく湿度を保つことが大事です。
外出時のマスクは必須アイテムですね。
マスクに一滴の救世主といえば・・・





◇ユーカリラディアータ
呼吸器系でも鼻や咽頭などの上気道に効果的。一般的に使われる「ユーカリ・グロブルス種」よりも、1.8シネオールという成分がなく、他の芳香成分が多くやわらかい香り。

ティッシュに一滴垂らして、皮膚に触れないようにマスクの内側に。鼻がつまっているときは、鼻の通りをよくし、水のように流れる鼻水のときは、とめてくれるといわれます。

また、花粉症の煩わしさによる気分の落ち込みも、この香りをかぐことによって心に余裕を取り戻し、気持ちを引き上げてくれます。

そのほかに、おススメの精油は、ティーツリー、
ペパーミント、ラバンサラ、ラベンダーです。
お部屋の中で、上記オイルをブレンドして芳香
するのもおススメです。

ユーカリ 3滴、ペパーミント 2滴をブレンド。
ディフューザーやアロマライトを使用したり、
ボウルに80度くらいのお湯をはってそこへ精油
を落としても、香りは広がります。
鼻の粘膜の炎症を緩和し、風邪の予防にも効果的。





花粉症の症状は、先天的な要因のほかに、食生活やストレスも大きく関係するといわれます。ストレスが多くなると、自律神経や免疫系に影響が出やすく、花粉の影響を受けやすくなるそうです。

運動、睡眠、食事のバランスを整えたり、一日の中でリラックスできる時間を積極的に作ったり、笑ったり、楽しむことで、免疫力をアップするといわれます。好きな音楽を聴いたり、ストレッチをしたり、本を読んだり、自分の大切な時間に、香りをプラスするとさらに充実した時間となるのではないでしょうか。心と体のバランスが整うと、自然と免疫力も高まるはずです。





シーズンコラムはSINCERE GARDENの中で、アロマテラピーインストラクターの資格をもつセラピストがお届けしています。
沢山のお客様のお肌に触れてきたセラピストだからこそお伝えできる季節に合わせたナチュラルコスメとのお付き合い。




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2011.02 春の香り

精油のある暮らし

東京では少しずつ春の訪れを感じるようになってきました。
街中のあちこちでも、風が春の香りを運んでくれているようです。

? シンシアガーデンでは、リンレンの新シリーズ「SAKURA」の
発売を記念して全フロアーにて「SAKURA」フェアを開催中。
一足早く咲いている「桜」を店内にディスプレイしています。
お客様はもちろん、私達セラピストも毎日がお花見気分で、
シンシアガーデンの春を満喫しています。
古くから日本人に愛でられてきたほんのり暖かいピンクの桜。
美しくて儚い桜は日本の四季を代表する植物ですね。

今回発売された「SAKURA」シャンプー、トリートメントには「サクラエキス」を配合。
「サクラエキス」は炎症や紫外線などによる肌ストレスを軽減、肌荒れ防止、肌荒れによる炎症の抑制作用があるといわれています。
頭皮環境を整えてくれる優れた成分です。

香りは春の香り「スプリングフローラル」。
・パルマローザ油
・ノバラ油
・オニサルビア油(クラリセージ)
・ラベンダー油
・ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)
・セイヨウハッカ油
をブレンド。
春を感じさせてくれる香りに仕上がりました。


<パルマローザ油>
青々とした爽やかな中にローズを思わせるフローラルな香り。
パルマローザには、ネロール、酢酸ゲラニル、ゲラニオールといったローズを同じ芳香成分が含まれるのでローズと似た香りが、気持ちを落ち着かせてくれます。

<オニサルビア油 (クラリセージ)>
スパイシーで甘さもある落ち着いた香り。
女性ホルモンのエストロゲンに似たような作用をするといわれているスクラレオールが含まれるので、日々変わるホルモンバランスの影響を受ける女性の心と体のバランスを保つのに役立ちます。
幸福感を感じたい時にもおススメの香り。

<ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)>
ローズに似た香りの中に少し爽やかなグリーンな香り。
ローズと共通の成分を含んだ精油。女性に役立つ沢山の作用があるので、心と体がアンバランスだと感じる時におススメ。慢性的な疲労感を感じている時にも。


春は気持ちもウキウキしますが、同時に新しい環境や節目を向かえ、不安やストレスを抱えることも。

このコラムを書いていてふと思い出したのは、
子供の頃に、聞いた「花さかじいさん」のお話。
正直で優しくまじめに働くおじいさんが、「枯れ木に花を咲かせましょう」といって、灰をかけると、一瞬でキレイな満開の桜が。
隣に住む怠け者でいじわるなおじいさんが同じことをしても花は咲かず、灰が自分の目に入って見えなくなってしまったというもの。
今、考えると、満開の桜はおじいさんの心そのものを表しているような。



心と体のバランスを上手に保ちたいこの季節。
鼻から入った香りは一瞬にして脳に伝わり、心と体をシフトしてくれます。
春の香りの力を借りて、少しでもポジティブに。
みなさんの心に満開の桜が咲きますように・・・。







Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2011.04 ナチュラルお掃除

精油のある暮らし
「新しい生活のスタートにナチュラルお掃除」

4月、新生活のスタートを始める方も多いのではないでしょうか。
今回は新しい生活のスタートに自分にも、環境にも優しいアロマのお掃除のご紹介です。


私達のシンシアガーデンでも、サロンとCafeでナチュラル系の素材を使用してお掃除をしています。
今回は、お勧めのナチュラル系素材と精油をご紹介したいと思います。
掃除が得意な方もそうでない方も香りを楽しみながら行えるので新しい発見があるかもしれません。



◇重曹 じゅうそう
研磨、消臭、中和、発砲作用があり、主に油脂系の汚れを落とすのに効果的です。 粉のまま使用するとクレンザーのようになり、水に溶かすとスプレーになるので用途に合わせて使用方法を変えることで様々な汚れに対応できます。

<重曹クレンザー>
重曹200gにスイートオレンジ10滴を混ぜ合わせて密封容器につくっておけばおなべの焦げつきや、カレーなど、ごしごし洗いが必要になりそうなときには重曹をひとつまみして、つけおきを。しばらくしてからすすぐと汚れが簡単に落とせます。 シンクの汚れにも、抗菌、消臭、洗浄作用のあるスイートオレンジの香りも楽しみながらお掃除できますよ。



◇クエン酸
抗菌作用、消毒作用、溶解作用、中和作用があり、水垢や石鹸カスの汚れ、便座の内側や排水口のお掃除におすすめです。 クエン酸も粉のままでも水に溶かしてスプレーにしても使えます。

<クエン酸水>
クエン酸小さじ一杯、水200CCと、ペパーミントをスプレーボトルに作っておきます。 蛇口の汚れや洗面台の汚れにクエン酸水をスプレーして30分から2時間放置、その後スポンジでこするときれいに汚れが落ちます。 バスルームの水垢にもクエン酸水をスプレーして、キッチンペーパーなどでパックしてしばらく時間を置いておくと、バスチェアもぴかぴかになります。



汚れを溜めてしまうと掃除も大変ですが、ナチュラル系素材と精油を使うと楽しくお掃除できるので、このナチュラルお掃除にはまってしまう方もいるようです。 重曹、クエン酸を揃える前に、ナチュラルお掃除をしてみたいという方は、バケツにティートリーや、ローズマリー、ラベンダーを2〜3滴垂らしてその水で雑巾かけを・・・。とっても簡単ですが、一瞬にして、お掃除の時間が香りを楽しむ時間に変わります。


アタノール
エッセンシャルオイル
ティートリー
アタノール
エッセンシャルオイル
ローズマリー
アタノール
エッセンシャルオイル
ラベンダー

ディフューザーやアロマポットがなくても香りを生活に中に取り入れていくことは、とっても簡単。
生活のどんな場面でも、私達の生活に香りと共に優しく、豊かな気持ちをも運んでくれます。
新しい生活は、自分でも気がつかないストレスを感じていることも。
お部屋の状態は心を現しているともいわれます。
ナチュラルお掃除で、お部屋と一緒に心のデトックスをはじめてみてはいかがでしょうか。







Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2011.05 夏の香り


夏の香り

夏の日差しを感じる季節になってきました。
今年は、節電の影響もあり、厳しい暑さとなりそうですね。

夏の風物詩といえば、入道雲、夕立、風鈴、打ち水、プール、ひまわり、あさがお、カキ氷、夜店、花火などなど・・・。
五感全てで感じられるものが夏には沢山ありますね。
でも、夏の暑さが苦手という方も多いのではないでしょうか。
この暑さを少しでも快適に過ごすために、香りのチカラは大変効果的です。





夏に好まれる香り、夏には夏のアロマテラピーの楽しみ方があります。
夏の香り、みなさんはどんな香りを思い浮かべますか。
シンシアガーデンでは、ゴールデンウィーク前から、日焼け止めや虫除けアイテムをお買い求めになるお客様が増えます。
先日、店頭で一年ぶりに虫除けブレンドオイルをしようしました。
夏の出来事を一瞬にして思い出し、今年も夏が来るんだなーという実感が急にわいてきました。

今回は、夏の暑さを和らげる香りや、暑い夏にぴったりの香りをご紹介します。





◇ペパーミント
気分爽快になる清涼感のある香り

いろいろな用途で使用される香りです。
体温調整、冷却作用、抗菌作用、消化器系の不調、そして虫刺されや日焼けに効果的といわれているので夏には必須の香りです。
ただし、刺激が強いので少量使うのがポイントです。
ムシムシした暑さで体がだるい、やる気が出ないそんな時は芳香浴でリフレッシュを。
バスタブに入れて、体の火照りを沈めるクールバスタイムもおすすめです。

◇レモン
軽くてフレッシュ、爽やかな香り

レモンの香りはとっても爽快、リフレッシュ効果が高く、
夏のムシムシしたときには芳香浴でお部屋の抗菌作用も。
胃腸の働きを高めてくれるので、冷たいものをついつい食べすぎて、イチョウが疲れているときにおすすめです。

◇サイプレス
森の中にいるような爽やかな香り

スポーツをしたり、汗をかいた後にボディローションとして使ったり、
足浴やバスタブに入れると、体臭や発汗を抑えて肌を引き締めます。
沈静、収れん、抗菌、制汗作用があります。
また、クーラーで冷えてしまったカラダには、血行促進作用でカラダの隅々まで血液を巡らせます。






♦持ち運びに便利で、手軽にリフレッシュできる、ボディスプレーの作り方♦

<材料>
精油 10滴以下(上記の精油をブレンドするのもおすすめです。)
精製水 100ml
無水エタノール 5ml

<作り方>
無水エタノールと精油を入れよく混ぜたら、精製水を入れるだけ。
遮光ビンに入れて、1〜2週間で使い切るようにしましょう。
気になる部分にスプレーしてお使いください。

今年の夏は、お気に入りの香りを生活にプラスして、
香りと共に素敵な思い出がまたひとつ増えるといいですね。






シーズンコラムはSINCERE GARDENの中で、アロマテラピーインストラクターの資格をもつセラピストがお届けしています。
沢山のお客様のお肌に触れてきたセラピストだからこそお伝えできる季節に合わせたナチュラルコスメとのお付き合い。




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

2011.06 香りの女王

精油のある暮らし
「香りの女王」

シンシアガーデン入り口のガーデンには毎年この季節になると
テリハノイバラ(照葉野薔薇)が花を咲かせます。
日本に自生する野ばらで純白の5枚の花弁をつけます。
バラというと花びらが重なりあい、華やかなイメージを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、テリハイノバラはシンプルで清楚なバラ。
あわただしい朝のオープン準備もガーデンへの水やりが
とっても楽しみな時間になるこの季節。
店頭を通りすぎる方からも、「この花はなんですか?」とお声をかけていただき、
「テリハノイバラというバラの原種なんですよ。」と
お話するのもこの季節恒例となりました。
昨年よりも多く花を咲かせた今年、来年がまた楽しみです。


春から夏に向かうこの時期。
沢山の種類のローズが花を咲かせ始めます。
精油に使われるローズもこの季節に収穫され、一滴一滴大切に抽出されて私達の元へやってきます。



香りの女王といわれる、「ローズオットー」
原種に近いダマスクローズから抽出されます。
バラは、日が高くなるにしたがって花弁の中の精油が揮発してしまうので、香りが最も強い朝のうちに摘み取ってしまいます。
1滴エッセンシャルオイルを採るために、70本〜80本のバラが必要とされる、とても高価な精油です。

女王という名前がついているように、女性のライフステージに合わせてさまざまな作用が期待できます。
ホルモンバランスの調整、更年期、月経痛、出産、情緒不安定、お肌に対しては、肌荒れや乾燥、しみ、しわ、色素沈着、お肌の若返りに効果的と云われたり、、、。
バラの精油から500以上の成分が発見されていますが、まだまだ未知の成分もあるそう。
そして、様々な形となってそのパワーを感じさせてくれます。



シンシアガーデンでは毎年、ローズフェアーを開催しています。
香水の街、グラースのローズウォーターや、
気軽の楽しめるローズブレンドのエッセンシャルオイルや
ルームスプレー、芳香洗顔料などなど。
今年はダマスクローズより貴重といわれている「ホワイトローズ」が入荷しました。
熟成されたローズ、甘いローズ、すっきりしたローズ。
ローズといっても産地や精製方法によって香りは様々。
香りを比べて違いを感じるのも楽しいですね。



その昔、バラをお部屋に敷き詰めたり、バスタブにバラの花びらを浮かべて入っていた、クレオパトラのようにはできないけれど、
私達はもっと身近にローズを楽しむことができるようになりました。
ローズウォーターをお肌に浸透させながら深呼吸したり、
時には、ぎゅっと濃縮されたエッセンシャルオイルを大切にバスタブに垂らしてみたり、
クレオパトラの時代から貴重だった香りの女王ローズは、
時を越えた今も、私達にその魅力を感じさせ続けてくれる存在です。







Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2011.09 ママバター

セラピストコラム



シンシアガーデンで販売をはじめた当初、シアバターはポピュラーではなく、「シアバターってなんですか?」「食べるバターですか?」といったご質問や、軟化剤など含まないママバターを手にとって試されると「固いですね」といった感想。ゆっくりと時間をかけて、一人ひとりのお客様にママバターの特徴をお話し、実際に手にとっていただき、少しずつご購入へとつながりました。

実際に使っていただくと「とっても良かった」とおっしゃって、だんだんとリピートしてくださるお客様が増えてきました。
ママバターが沢山の皆様に使っていただけるようになるまで、沢山のエピソードがあります。
他のシアバターとは違うママバターは、私達セラピストにとって、大変思い入れとこだわりのある商品です。



今日では、シアバターは、少しずつ浸透し、様々なコスメにも原料として使われるようになりました。 古くからアフリカでは切り傷ややけどの治療、筋肉痛やリュウマチ、ヘアケアなど生活に中で欠かせない「保湿の宝」といわれ、ビタミンを豊富に含み、保湿効果、細胞を保護する効果があるといわれています。そして、ステアリン酸(人の皮膚に含まれる成分)が多いので肌に馴染みやすいのも特徴です。
アフリカでは、産まれたばかりの赤ちゃんの全身に塗り、強い日差しや乾燥から肌を守るという儀式もあるそうです。
樹齢20年でようやく花をつけ、そこから更に20年かけてはじめて実を結ぶ・・・。
過酷なサバンナで生息するシアは別名「生命の木」といわれ、その貴重な実は女性しか触れることが許されていないことから「ウィメンズゴールド(女性の宝)」とされています。



ママバターシリーズを使用になったことがない方にはまずは100%シアバター「フェイス&ボディクリーム」をおススメします。
これひとつで、リップ、ハンド、ヘア、お顔、全身の保湿ができてしまいます。 肌にしっかり浸透していくので、その保湿力は本当に素晴らしく、施術前後に手を頻繁に洗う私達セラピストの手が荒れないでいられるのはママバターのおかげです。そして100%ママバターは手作りコスメの原料としてもおススメです。スイートアーモンドオイルとママバター、そしてお好きな精油を垂らせばオリジナルのクリームがとても簡単につくれます。


スパチュラなどがない時やクリームが固い時は爪側からすくうと取りやすいですよ!



ママバターは、遠いアフリカから、気の遠くなるような工程を経て、初めて私達の手元に届きます。アフリカの過酷な条件の中で、力強く生きている神聖なシアの木。純度100%のママバターにはそのパワーがたっぷりつまっています。
手にとって、ゆっくりと体温で温める。じわーっとママバターが溶けて、スーッと肌に馴染んでいく。お肌の敏感な赤ちゃんに、大切なご家族に、お友達に、そして、毎日頑張っている自分の為に、自然の恩恵をたっぷり感じてみてください。



母なる大地の恵みを一人でも多くの方に届くように赤ちゃんからご年配の方、お肌が敏感な方でも安心して安全に使えるようにポーチにひとつ、ご家庭にひとつ。いつもママバターが生活の中に溶け込んでいるように・・・。そんな思いがたっぷりつまったママバター。奇跡の恵みがあなたのもとに・・・。



ママバターシリーズ
フェイス&ボディクリーム ボディローション
ハンドクリーム リップトリートメント




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2011.10 すみれ色

セラピストコラム

すみれ色

特別な花

小さくて可憐な花、スミレ。
はるか遠い昔から日本人に慣れ親しまれてきました。

春先に花を咲かせますが、品種によっては真冬でも花を咲かせるそう。

別名、バイオレットやライラックとも呼ばれ
シェイクスピアの「夏の夜の夢」では、“恋の媚薬”として登場します。

スミレの花びらを搾り、そのしずくを眠っている好きな人のまぶたにそっとたらす・・・。
目が覚めた時、一番最初に目にした人に恋をするというとってもロマンチックなもの。


こんな素敵な媚薬なら、ぜひ使ってみたいですね。 かつてギリシャでは、その香りが頭痛やめまいを予防することから、花を身に付けることがあったり、西洋でも特別の花とされていたようです。

薬草としての作用も

ところで、和名のスミレは大工さんの「墨入れ」から由来していて、花の形が、「墨入れ」に似ていたことから、「墨入れ」→「スミレ」になったという説もありますが、万葉集にはすでに、「須美礼」として歌われていたので、墨入れが出来た江戸時代ではなく、奈良時代より前に「スミレ」と名づけられたのかもという説も。

ビタミンCやフラボノイドを含むスミレ。
立派な薬草でもあり、日陰干しにして煎じ薬として解毒作用があったり、花びらをシロップ漬けにして、お湯で薄めてお茶にして飲めば、喉の痛みや、気管支炎に効果的。
ただし、種子や根茎には毒があるので注意が必要です。


花言葉は「小さな幸せ」

500種類以上存在する「スミレ」ですが、香料として使用されるのは「ニオイスミレ」。
天然のものは大変貴重で、微量でも強い香りを放ちます。
赤毛のアンが憧れた、すみれ色の瞳。
深い紫色というより、すみれ色という表現。
日本語独特のとっても素敵な言葉の響きですね。
春の訪れとともに、咲き始める「スミレ」
花言葉は、”小さな幸せ”

自生するスミレは、山から、平地まで、都会ではコンクリート割れ目にまで顔を出します。
小さくて可憐な姿なのに、とっても強いのです。
少し足をとめて、見渡してみると、
私たちの日常にも、小さな幸せがあちこちから顔を出しているかもしれません。
小さな幸せに気がついた時、すみれ色の毎日になるのではないでしょうか。


世界で活躍する日本人デザイナー KEITA MARUYAMAとのコラボレーション第二弾です。
どこか懐かしさを感じるパッケージと、暖かみのあるすみれ&ラベンダーの香り。
今回、リンレンヘアケアセットには保湿成分として“すみれエキス”が配合されています。

rinRenシャンプー&トリートメントセット スミレ




Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2011.12 bb maman

セラピストコラム

2011.12 bbmaman

体の変化

女性のライフステージが大きく変わる「妊娠」
大きな喜びと幸福感に包まれるマタニティーライフ。
これから誕生する新しい命との対面を心待ちにしながらも、はじめて経験するつわりがあったり、
今まで好きだったものを受け付けられなくなったり、
香りに敏感になったり、むくみや腰痛に悩まされたり、無事に産まれてきてくれるのかと不安になったり、
今まで味わったことのない変化がココロとカラダに訪れるのも、このマタニティーライフ。

お腹の赤ちゃんと少しでも快適に、そして出産までの時間をよりハッピーに過ごせるようにそんな願いを込めて、bbmamanは誕生しました。

使用しているハーブは全てノンカフェイン。
西洋ハーブだけでなく、日本のハーブも使用しているので、より身近に感じていただけるブレンドに仕上がりました。
食生活で不足しがちな妊娠期に大切な栄養分を、香りも楽しみながらハーブティーで。


妊娠期通年期

「ルイボス&月桃」

妊娠期通年期には、
「ルイボス&月桃 マタニティーブレンドハーティー」
すっきりとした飲み心地で、妊娠期に不安定になりがちなココロとカラダのバランスを整えます。
母乳の分泌を促してくれるハニーブッシュもブレンドしているので、マタニティーライフ10ヶ月間プラス産後まで安心してお召し上がりいただけます。


*

月桃・・・
沖縄に自生する「月桃」は、防腐作用、抗菌作用に優れ、さわやかな香り。
胃の働きを整えてくれるので、むかむかするときにはおススメです。
ポリフェノール、食物繊維、カルシウム、鉄分などのミネラルも豊富。
美肌効果もあるといわれるので近年では化粧品にも用いられています。

ローズレッド・・・
ローズレッド(Rose Red Petal)は、ガリカ種のバラは、13世紀、十字軍が帰還した際に持ち帰ってきたと伝わるバラ。 のちに、花弁を薬の材料として使用したため、薬剤師のバラともいわれているそうです。不安定になりがちな妊娠期に、フローラルな香りが落ち着きと安らぎをもたらしてくれます。

ハニーブッシュ・・・
お花の密の香りがほんのり、味も少し甘いのでハニーブッシュという名前になったとか。アフリカに自生するハーブで、鉄、カルシウム、カリウム、亜鉛、更に天然の植物エストロゲンが含まれます。デトックス作用・利尿作用・消化促進作用が期待できます。

ルイボス・・・
ミネラルがたっぷり。消化不良や不眠にも効果的。血行も促進し、カラダを温めくれます。南アフリカの過酷な環境で育ったルイボスは、抗酸化物質SODが豊富に含まれ、お茶の中では癸韻任后O群修鯔匹梓饑廚里茶!とも云われています。

妊娠後期・産後用

「ごぼう&ドライトマト」

妊娠後期・産後には
「ごぼう&ドライトマトプレママンブレンドハーブティー」
妊娠後期や産後に気になるにはむくみや便秘。
食物繊維を豊富に含む、ごぼうやとうもろこしをブレンドしました。
香ばしさの中にドライトマトの程よい酸味がアクセントに。



*

ごぼう・・・
食物繊維の代名詞。便秘はもちろん、利尿作用もあるので体内の老廃物排出を助けてくれます。

とうもろこし・・・
妊娠期に不足しがちな鉄分。とうもろこしは穀物の中で最も鉄分が多く含まれるので妊婦さんに欠かせません。カラダも温めてくれるのでむくみや冷えにも効果的といわれています。

ラスベリーリーフ・・・
「マタニティーハーブ」「ウーマンハーブ」の代名詞。ビタミンC、ミネラル、鉄分などを豊富に含みます。 妊娠後期に飲み続けることで子宮の収縮を促し、分娩を楽にするといわれます。 授乳期には、母乳の出をよくし栄養価を高めてくれる優れものです。

ドライトマト・・・
“トマトが赤くなると医者が青くなる”ということわざがイタリアにはあるくらいリコピンを豊富に含みます。カリウムも多く含まれるので、高血圧の改善も期待できます。

黒豆茶・・・
カリウムを含み、体内の過剰なナトリウムを排出。むくみの解消にも効果的。 大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを補ってくれる強い味方です。

優しく美しい暮らしのスタートへ

今までの生活の中で当たり前のように存在していたもの
見るもの、聞くもの、触れるもの、食べるもの、感じるもの。
妊娠をきっかけに、より安全なものはないか。
安心できるものはないか。より心地よいものはないか。

ママの気持ちにも変化が現れます。
産まれてくる赤ちゃんのために、
そして、赤ちゃんの未来のために、
小さく芽生えた命をきっかけにはじめたナチュラルな生活。

bb mamanのbbには沢山の思いを込めました。
Bonjour ボンジュール
bebe あかちゃん
bonheur 幸せ
beaute 美しさ
brilliant 輝く

ちょっと欲張りかもしれないけれど・・・
植物の恵みをお届けします。
幸せに満ち溢れた「maman」「premama」へ。
植物の世界にようこそ。
優しく美しい暮らしのスタートです。



bbmaman ブレンドハーブティ ルイボス&月桃
bbmaman
ブレンドハーブティ
ルイボス&月桃
bbmaman ブレンドハーブティ ごぼう&ドライトマト
bbmaman
ブレンドハーブティ
ごぼう&ドライトマト





Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2012.02 スノードロップ

セラピストコラム

2012.1 スノードロップ

冬に咲く希望の花

寒い日が続いてますね。
シンシアガーデンのエントランスにはこの冬から新しいグリーンと愛らしいお花が仲間入りしました。
冷たい風と、乾燥にも負けず強く育ってます。
中でも、一番のお気に入りは、「スノードロップ」
花言葉は、「希望」「初恋のため息」
ロシア詩人・マルシャーク「森は生きている」の中ではこの花にまつわる素敵な伝説が・・・。

エデンの園を追われて、雪の降る冬の世界へ追い出されたアダムとイブ。
永遠に続くかと思われる冬に対して、絶望を感じる二人の前に天使が現れ、
「必ず、暖かい春がやってくる・・・」と
天使は二人を慰める。そして、天使がひとひらの雪に息を吹きかけると、溶けた雪のしずくがスノードロップの花となり、「希望」が生まれた・・・。
今にも滴りそうな雪のしずくの花。
寒い冬の中で咲いている様を見ると、心がほんわか温まります。


冬の楽しみ おすすめバスタイム

冬には冬の楽しみがありますが、やはり寒さは大敵。
本来、人間は体温を一定に保つ恒温動物なので、カラダは温かいはずなのに、現代では、冷え性に悩む女性が増えてきています。
女性は、自律神経と女性ホルモンの働きによりカラダが温まります。
自律神経は、内臓、血管働きを調整してくれる神経。カラダの状態を私たちが無意識のうち調整してくれています。
副交感神経の働きにより、緊張がほぐれ、血流をよくして、温かい血液が流れ、交感神経の働きにより、寒さを感じると熱が作られます。
どちらもとても大切で、このバランスを保つことが、冷え性対策ともいえます。

冬の楽しみでもあるバスタイム。
温かいお湯に浸かって、カラダの疲れを取りながら、自律神経のバランスを整えましょう。

交感神経を優位にしたいときには・・・。

熱めのお湯(42℃くらいがおすすめ)
40℃以上で、交感神経が高まります。朝の入浴や、すっきりしたいときに。
おすすめのバスアイテムは、

*

◆シノワ フォー ウーマン
 コウカ、ケイヒ、ショウガ、唐独活、
 ヨモギ、カンゾウ、ローズマリーの
 和漢草の入浴剤。

 中国の気・血・水の考えのもと作られた
 この和漢草ブレンドは体内の血の巡りを
 整えてくれます。温かい血液が巡りだす
 とカラダは温まりやすくなります。


*

◆シノワ フォー ビューティー
 プーアール茶、ショウガ、クマザサ、
 シソ、ドクダミ、カンゾウ、ローズ、ヨモギの
 和漢草の入浴剤。

 中国の気・血・水の考えのもと作られたこの
 和漢草ブレンドは体内の水(津液)の巡りを
 整えてくれます。
 滞りやすい水分を排出して、巡りをよくする
 ことでむくみや冷えも緩和されるといわれます。


副交感神経を優位にしたいときには・・・。

ぬるめの湯(37℃〜39℃くらい)
40℃以下のお湯に入ると、副交感神経が高まり、リラックス。
一日の疲れを取りたい時や、緊張が続いている時におすすめです。
おすすめのバスアイテムは、

*

◆マグウォルトバスエッセンス
 ヨモギ、シャクヤク、モモ葉、カミツレ、
 ボタンの和漢草エキス(保湿成分)に
 香り豊かなラベンダー、  ユーカリ、
 ゼラニウムのエッセンシャルオイルに、
 スクワラン、ホホバ油、オリーブ油等の
 ブレンドオイルを使用したとっても贅沢な
 バスオイルは、湯冷めもしにくく、カラダ
 の内側がポカポカするのも冷え性さんに
 はとっても嬉しいポイント。
 至福のバスタイムを約束してくれます。


*

◆シノワ フォーエナジー
 ルイボス、ウコン、チンピ、ショウガ、 
 ハッカ、カンゾウ、カモミール、ヨモギの
 和漢草の入浴剤。
 中国の気・血・水の考えのもと作られた 
 この和漢草ブレンドは体内の気の巡り
 を整えてくれます。
 一日の疲れを取りたい時、緊張状態が
 続いている時におすすめ。

 カラダをじっくりとあたためてリラックス。
 気の巡りが整うと、カラダも動きもス
 ムーズに、やる気もアップ。


そして、寒い季節の入浴時の注意点。
寒い浴室で裸になると血圧が急上昇してしまいます。
さらに、シャワーや湯船に入ることで血圧が上昇。
こうした血圧の急激な変動を防ぐために、浴室や脱衣所を温めておきましょう。

カラダを温めることは心を温める

カラダを温めることはココロを温めることにもつながります。
大事な人と過ごせる時間や、楽しみがある時、どんなに寒くてもなぜかポカポカになったり。ココロとカラダは切り離せないと感じますね。
最後に、心温まるとても素敵な詩に巡り会えたのでご紹介したいと思います。

スノードロップ

空からの光ともちがう
だれかがともした灯りともちがう
花は じぶんの内側にひかりを持っていて
外側のはなびらで 包んでいる

遠くからきこえてくるのではない
近くで誰かが口ずさんでいるのではない
花からひとりでにこぼれるうたがある
ゆきをとかした しずくのように

花の灯りと 花のうたは
いつのまにかにふえて
谷間を みたしている
「たいせつな一日」 岸田衿子 詩集 より








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2012.03 春の訪れ

セラピストコラム

2012.3 春の訪れ

変化の季節

春になると、新しい環境になったり、
環境は変わらなくても気持ちを新たに生活をスタートさせたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、春は心とカラダのバランスもくずれやすく、体調に変化が起きやすい季節でもあります。

3月から4月は「木の芽時」、陰陽五行説では「肝木の春」といい、
気温の上昇とともに、自律神経の働きも活発となり、
カラダは、寒さに耐える体制から冬の間にたまった老廃物を排出し、新しい季節に対応できるように変化します。


カラダの変化に備えて

普段から貧血気味や、ストレスなどで血液が充分に蓄えられていないと、カラダのバランスが変化していく中で、肝に蓄えられている血液を使い過ぎることで肝の働きも低下し、自律神経のバランスが崩れやすくなってしまいます。
特に精神的ストレスや疲労から、怒りやすくなる・イライラしやすい・頭痛・めまい・肩こり・生理不順・胃の不調・目の疲れ・寝つきが悪いなどが症状として表れやすいようです。

この季節におすすめアイテムは。。。

五行茶 wood オリエンタルハーブティー
ハトムギ、クコ葉、ヨモギ、菊花、カモミール、
ペパーミント、ジャスミンフラワー

*

ストレスや目の疲れ、肩こり、頭痛、リラックスしたいという方におすすめです。
五行茶の中でも、woodのブレンドは、ハーブティーの香りが高くとても飲みやすいと人気です。

○菊花  眼精疲労、解熱、風邪の引き始めなどに
 鮮度の良い菊花を使用し、風味豊かな花の香り
○カモミール
 イライラやストレスなどに、リラクゼーション効果
 鮮度の良いカモミールの花の香りが豊かでリラックス
○ペパーミント
 神経疲労の回復、うつ状態の緩和、怒ったときの神経
 を鎮める作用
 鮮度の良いペパーミントで独特の清涼感と爽快感
○ジャスミンフラワー
 ホルモンバランスの調節をする働きがあると言われ、
 生理不順や更年期などに優しい香りが優雅な気分に


*

ソルーナ エネルギースプレー
 (ルームスプレー)

エタノール、水、ローズマリー油、ドイツトウヒ葉油、サフランエキス、オレガノ油、レモンバーベナ油、タイム油、シトロネラ油、プチグレン油、レモングラス油、 ラベンダー油、金 太陽光線・色・音楽・空・大地・昼・夜など、自然界の持つ森羅万像のエネルギーを含んだ、ハーブのルームスプレー。
深い森の中にいるような、心落ち着く香りがストレスや大気汚染、乾燥、コンピューターの電磁波などによって乱れたエネルギーを調節します。
就寝前に枕にスプレーすれば、リラクゼーションと深く良質な眠りをもたらします。
そして、一日の終わりに、小さくても「ああ、今日はひとついいことができた」と思えるような日が過ごせたら良い睡眠にきっとつながります。


笑顔あふれる春の訪れとなりますように...

東日本大震災から一年。。
みなさんはこの一年、どんな時間を過ごされたでしょうか。
大切なものを失い、気づかされ、学び、永遠に続くように思われる毎日は、永遠ではなく、
当たり前の日常を過ごせることの幸せに感謝したり・・・。
価値観が変わったという方も多いのではないでしょうか。

シンシアガーデンのハーブはローズマリーの花が次から次へと花を咲かせています。
まだまだ続く寒さの中で、春を少しずつ感じるようになりました。

大雪を記録した今年の冬が過ぎ、沢山の笑顔が溢れるような春の訪れとなりますように。

*








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2012.04 ナチュラルなUVケア

セラピストコラム

2012.4 ナチュラルなUVケア

1年を通して気になる紫外線

桜満開の東京はまだまだ肌寒い気温でしたが、そろそろ紫外線が気になる季節。
紫外線対策は一年を通して気になりますが、紫外線吸収剤などを含んだ化粧品を肌にのせることで肌へ負担を気にしたり、日焼け止め独特の使用感が苦手といった理由で、紫外線が強くなる春から夏だけ使用するようにしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1980年半ばに「オゾン層の破壊」が発見されてから、その要因である物質「フロン」の生産規制が始まっていますが、地上で排出された「フロン」は20〜30年かけてオゾン層に到達、そこで、強烈な紫外線を浴びて「フロン」は破壊される際にその成分である塩素分子が放出され、オゾン層を破壊するといわれています。
特に春に南極域で発生し、オーストラリアやニュージーランドの南部まで広がることがあり、この地域では、帽子がないと強烈に肌荒れがおきる紫外線が増大するそうです。 そして、日本でもオゾンの層の減少傾向が報告されています。


ナチュラルな日焼け止め

紫外線から肌を守り健康の為にも、日頃からの紫外線防止対策をしっかりとしておきたいですね。
最近では「ナチュラル」や「オーガニック」の日焼け止めも増えてきました。
毎日使用するものだからこそ、安心、安全なものを使用したいという方も多いのではないでしょうか。

*

◆ママバターUVケアクリーム SPF25

今回発売された、ママバターUVケアクリームは
レジャーからちょっとしたお出かけまで使用できる安心な日焼け止め。
抜群の保湿力でべたつかず、白浮きしないので、ご家族みんなで使用していただけます。

<シアバター 5%配合>
日焼けによる乾燥やダメージをケアし、美しい肌
を保つのに最適なシアバターの配合率にこだわ
りました。
シアの実には、ビタミン成分A・B・C・D・E・F・Kが
豊富に含まれているため、保湿効果やお肌を保
護する力があるといわれています。
また、オレイン酸、ステアリン酸、リノール酸など
の美容成分が多く含まれているため、お肌を乾燥
から守りなめらかに保ちます。

アフリカの大地の恵み シアバターは、
アフリカではスキンケアの他、UVケア、料理用、
切り傷や火傷の治療と、万能な使い方をされ、
アフリカの女性はこのシアバターを塗ってお肌を
守ってきました。
そんな素晴らしい植物のパワーをもつシアバター
の恵みをぜひ。


◆サンケアローション

紫外線防止対策が徹底されているオーストラリアのUVケアアイテム。

紫外線を吸収する植物エキスを肌に与え、日焼けを予防する植物性の日焼け止め。
一般的な日焼け止めとはまったく異なり、そのメカニズムは角質層に浸透した植物成分が、紫外線がメラノサイトに届く前に吸収、排泄するというもの。
紫外線から肌を守るだけではなくローションの独特な黄色いカラーの正体はお肌の健康維持には欠かせないベータカロテン、ビタミンA。あらゆる肌タイプに有効。
シアバター・三色スミレ・カレンドラ・ヘリクサム・カロット油配合でスキンケアもしてくれます。


*

<三色スミレ>
抗酸化物質として有名なフラボノイドが豊富。
UVA波の高い吸収剤。

<カレンドラ>和名 トウキンセイカ 
痛んだ肌に効果的。UVB波によって生じるフリーラジカルに対しての防御効果あり。

<ヘリクサム>別名 イモーテル。
フラボノイドが豊富に含まれています。
ベータカロチンと共に働き、抗酸化物質及びUVB波のフィルターとして働きます。

<カロット油>
抗酸化作用、カロチノイドが豊富、ビタミンAを守って強化してくれます。


カラダの内側からも紫外線対策に効果的な食生活を

せっかくなので、カラダの内側からも紫外線対策に効果的な食生活を。
日焼けをしてしまうことで活性酸素が増加を抑制して、酸化を防ぐことが効果的です。
◇ビタミンC→いちご、ブロッコリー、カリフラワーなどに含まれ、肌の再生の活力に
◇βカロチン→小松菜、ほうれん草、春菊などに含まれ活性酸素抑制
◇ビタミンE→アーモンド、かぼちゃ、モロヘイヤなどに含まれ抗酸化パワーが強力
紫外線を浴びてしまった影響を少しでも小さくしようという食材ですが、
紫外線対策だけでなく、日頃の健康と美容のためにもバランスよく摂り入れたいですね。

*








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2012.05 ROSE

セラピストコラム

2012.5 ROSE

今年も元気に咲きました!

イルミネーションで私たちを楽しませてくれた表参道の木々も、
今は青々と葉を茂らせ、太陽のエネルギーをたっぷり受け、私たちに植物のパワーを感じさせてくれています。
街中のあちこちで、色とりどりの花が咲き始め、歩きなれた道でさえも、楽しい時間に。
そして、香りの女王「ローズ」も、この5月に沢山の花を咲かせます。
シンシアガーデン入り口のガーデンの、テリハノイバラ。
今年も沢山の可憐で白く美しい花を咲かせてくれました。
通りすがる方達も、シャッターチャンスとばかりに、このバラを楽しんでくださっています。
ローズといっても、花の形、色、様々で、地球上に自生するその種類は150種〜200種といわれています。
香りの女王といわれる、「ローズオットー」は、1滴のエッセンシャルオイルを採るために、70〜80本のバラが必要となる為、大変高価な精油です。
古来より、民間薬として生活の中に取り入れられてきました。
その貴重な一滴はココロとカラダに働きかけ、様々な力を発揮します。
その可憐な姿で、私たちを魅了し、幸福感を感じる香りで魅了し、その効果に助けられ、まさにローズは女王です。


ジュドリーブ ホワイトローズ

シンシアガーデンでも、数々のローズアイテムをお取り扱いしています。
その中でも、今回ご紹介したいのは、「ジュドリーブ ホワイトローズ」
新鮮な完熟オリーブから採れたオリーブオイルに、ロサ・アルバという品種のローズの精油が入ったマルチケア美容オイル。

*

ジュドリーブとは、フランス語で「オリーブジュース=Jusd’olive」という意味。
「ジュドリーブ」で使われているオリーブオイルは、新鮮な完熟オリーブを昔ながらの製法で自然分離させた上澄みのみを使った上質のオイル。つまり、オリーブを絞って、その上澄みだけを丁寧にすくい取った、手絞り感覚の”オリーブジュース”。
ジュドリーブ、名前の響きがなんとも可愛いですね。

その南オーストラリア産のオリーブオイルに、ブルガリア産最高級ダマスクローズオイルを配合。

化学的な溶剤を使わず、水蒸気によって蒸留したオイルは、6tの花びらからたった1kgのオイルしか取れないため、ブルガリア国内でも年間に20kgほどしか作ることができないといわれている大変貴重なオイルです。ダマスクローズより香りが弱いため、フレグランスレベルに相当する高濃度で配合。ほとんど知られていない本物のホワイトローズの香りを楽しむことが出来ます。
このマルチなオイルは、髪、お顔、ボディーに使えて、クレンジング、マッサージ、保湿と使用方法もお好みで楽しめます。
私たちセラピストのおすすめの使用方法はクレンジング。
メーク汚れをしっかり落としてくれるのに、質のよいオリーブオイルはサラサラの使用感で、いやなべたつきが残りません。クレンジングに使うのはもったいないという方もいらっしゃるかもしれませんが、メーク汚れだけでなく、お肌の余分な汚れもしっかりオフしながらお肌に潤いも与えてくれるジュドリーブ ホワイトローズ。
幻のホワイトローズの芳醇な香りを身にまといながら、
一日の疲れをとりながらの香りを楽しむ時間は、お肌もココロも喜ぶ時間。
ホワイトローズの花言葉は「尊敬・純潔・私はあなたにふさわしい・永遠の愛」
力強さと凛としたその白く美しい可憐な花。
厳しい冬を越えて花を咲かす強さと、
その厳しさを越えて生まれる美しさを手に入れたいと願わずにはいられません。

THE ROSE

ローズの花を見ると、「THE ROSE」のメロディーが浮かびます。
女優ジャニス・ジョプリンの自伝映画「The Rose」の挿入歌。ヘッド・ミドラーが歌うバラード。
その美しいメロディーと詩は愛され続けています。

THE ROSE   words:Amanda McBroom

*
*








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2012.07 fragrance rose

セラピストコラム

2012.7 fragrance rose

ローズの産地、島根県奥出雲薔薇園を訪れました。

リニューアルリンレンにローズ&ツバキが仲間入りしました。
今回このローズ&ツバキの原料に含まれるのが、島根県産のローズ。
このローズを栽培している、島根県奥出雲薔薇園に行ってきました。

初めて訪れる薔薇園。
薔薇の香りが一番良いとされるのは早朝から10時までの間。
この日はお天気にも恵まれ、期待に胸を膨らませ、到着。
薔薇園の敷地に入る前から柔らかい薔薇の香りに包まれました。

*
*

生産者さんは、“はじめまして”の挨拶代わりに、
一輪の薔薇を摘み取り手渡してくださいました。
朝露が残る深紅の花びらはまるでベルベットのようで、花びらの重なる様も美しく、そしてとても上品でありながら濃厚でフルーティーな香り。
薔薇の形、色、香りの全てに魅了され、ただただこの美しい薔薇にうっとり、そして幸福感で包まれ、ほんわか温かい気持ちになりました。



花をこよなく愛する奥出雲薔薇園の生産者さん。
様々な花を生産し、学んでいくうちに「薔薇の歴史」に感銘をうけ、薔薇の研究と栽培を始め、日本人の想像する本物の薔薇、豊かさを表現できる品種を作りたいと開発を続け、この香り高い“さ姫”誕生まで10年の月日を費やしたそうです。

さ姫が放つ特別な香り
*

Fragrance Rose “さ姫”の特徴は
 ○通常のバラよりも極めて強い芳香
 ○色鮮やかな紅色
 ○香りの品質がとても上品
 ○通常のバラよりも2〜3倍の大輪
 ○開花時期が5月〜11月末までと長期間で継続的

形も色も、もちろん素晴らしいのですが、アロマテラピー的に気になるのが香り。この“さ姫”はなぜ、こんなにも濃厚でありながら優しく柔らかいのかということ。
それは構成される成分に違いがありました。


通常アロマテラピーに使用される薔薇は、ロサ・ダマスセナ(Rose damascene)とロサ・センチフォリア(Rose centifolia)。
この二つの薔薇の成分組織は似ていて、成分中の75%前後をPhenylethyl Alcoholが占め、他に Citonellol,Geraniol,Nerolで構成されるのですが、この“さ姫”はGeraniolをメインとしているそうです。そのために情熱的でフルーティーな傾向になるそうです。

Geraniolは、ローズ香を有するモノテルペンアルコール。
ゼラニウムから発見された成分で、ゼラニウムのほか、シトロネラ、レモンに含まれます。
効能としては女性に魅力的な作用が多く、収れん・弾力回復・鎮痛作用などがあるといわれます。

*

出雲と薔薇の物語
*

そして、興味深かったのは出雲と薔薇の関係について。
江戸時代に世界ではじめて乳がんの麻酔手術を行った外科医 華岡青洲と出雲の薔薇の物語。
最古の麻酔手術を行った医師として名高い華岡家に伝わる技に「ロウザ取り」というものがあります。これは、ローズ水(薔薇水)をとるための技術で、傷口の消毒や口腔の処置に門人が採取した出雲の野薔薇を原料にロウザワアトル(ローズ水)を使用していた。というもの。
出雲では昔から薔薇を薬用に使っていたという歴史物語が残っているそうです。



昔から官能的な美しさと品質の良い香り、色彩で人々を虜にしてきた薔薇。
その効果や効能は古くから受け継がれ、薬や化粧品に使用されてきました。
その昔、化合物や添加物はなく、薔薇が本物の素材だったからこそ、様々な開発が行われてきたのではないか?という生産者さんのお話。
生産者さんの薔薇へのこだわりと沢山の熱意がぎゅっとつまった“さ姫”に出会い、お話を伺えば伺うほど、薔薇への魅力を感じます。

*

いつの時代も、女性を魅了する薔薇・・・
*

奥出雲薔薇園のお土産は、クレオパトラの気分を味わえる薔薇湯。朝露の残るうちに収穫したフレッシュな“さ姫”でした。
箱の中には摘みたての“さ姫”がぎっしり。
目を奪われる深紅の花びらはもちろん、蓋の隙間から出てくる、香りにうっとり。
早速、シンシアガーデンではフットバスに浮かべてみました。



薔薇は伝説やロマンに彩られた究極の植物。文芸、美術、香料、薬、化粧品といった分野でも様々な役割を持っています。ギリシャの女流詩人Sapphoがバラは「花の女王」と讃えてから2千年の月日が流れた今、薔薇の魅力は益々深まっています。
そして、いつの時代であってもローズオイルは大変高価で、憧れの象徴です。

一枚の花びら、一滴の精油にぎゅっとつまった薔薇のエネルギーはこれから先も私たちを魅了し続けることでしょう。

Sappho

*

今回、リニューアルリンレンにはこの“さ姫”が“ハイブリッドローズ水” “ハイブリッドローズ花エキス”として含まれています。

本物の薔薇“さ姫“は生活に美しさと豊かさを演出しつづけます。
改めて、植物のめぐみに感謝し、私たちも、このリンレンを使用してくださるお客様の生活がより豊かに、美しくなることを願っています。









Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

セラピストコラム 2012.10 Baby Massage Workshop

セラピストコラム

2012.10 baby Massage Workshop

Baby Massage Workshopがスタート

シンシア・ガーデンでは、8月より、チャイルドセラピストの 蛯原英里さんとのコラボレーションにより、ベビーマッサージ、プレママワークショップがスタートしました。

蛯原英里さんは、チャイルドボディーセラピストとして、お母さんとお子さんが触れ合いを通じて絆を深めた“幸せな日々”を過ごせるように。そして、もっと女性がHAPPYになれるように。そのお手伝いをすることを目的に活動されています。

*

日本におけるベビーマッサージ *

ベビーマッサージは古来より、世界中で親から子へと子守唄のように受け継がれてきた家庭習慣。赤ちゃんは抱っこされ、沢山の頬ずりを受けて、優しく触れられながら育ちました。

日本でのベビーマッサージの原点は、江戸時代に遡ります。当時「小児按摩(しょうにあんま)」と呼ばれる子供を専門とする治療院があったそうです。この「小児按摩」が日本でのベビーマッサージのはじまりといわれています。


ところが、19世紀末頃に起きた産業革命により、経済や技術が著しく成長し、女性の労働力が求められる様になっていきました。そこで、育児の合理化を計る為、
・必要な時以外赤ちゃんに触れない、泣いても抱き上げない(抱きグセをつけない)
・子ども部屋のベビーベッドに寝かせる
・両親は子どもに感情をもって接するべきでなく、機械的に扱うべき
・母乳よりミルクを与える
・ミルクは一定の時間でしか与えない
といった独立心と自立心を早く育てようという、「抱かない育児法」が主流となりました。

女性の社会進出のため、親子のスキンシップよりも少しでも母親の体の負担をなくそうという傾向にあったため、このように言われるようになったそうです。そして、この様な育児の考えが主流となって「小児按摩」は衰退していきました。


そんな中、アフリカの一部の地域では、家族に赤ちゃんが生まれると、オイルを使ってマッサージをする風習を続け、古くからの育児法が受け継がれていきました。

そしてアジアやアフリカなどの、赤ちゃんを抱っこして育てる昔ながらの育児法で育った子供たちを調査したところ、体の成長が早い、精神面が安定している、高い知能を持つことがわかりました。

子供にとってスキンシップはもっとも大切であり、 抱くことで子供は安心感を得て、情緒が安定する。現代科学はベビーマッサージの効果を再認識し始め、従来の育児法の見直しが図られるようになっていったのです。
日本でも、ベビーマッサージを指導する産院が増えてきています。

*

● *

ベビーマッサージは、パパとママと赤ちゃんのスキンシップ。赤ちゃんは、このスキンシップでよりリラックスでき、よく眠るようになったり、ミルクの飲みもよくなったり、そして何より、たっぷりの愛情を感じるようになります。
結果、親子の絆がより深いものとなっていき、ママ自身も子育てがより楽しいものになっていきます。

ベビーマッサージは発育をもサポートするだけではなく、赤ちゃんが癒され、マッサージを行うママ自身にもゆとりと自信を与えてくれます。


シンシア・ガーデンでは、少人数でこのベビーマッサージのワークショップを開催。赤ちゃんへのベビーマッサージの後にはお茶をしながら質問タイム。そして最後には、ママへのリフレクソロジーという、赤ちゃんとママがリラックスできる内容になっています。
NICU(新生児集中治療室)での看護師経験をもつ蛯原英里さんの視点で、「ママ自身もこころからキレイに、ハッピーに」をお手伝いします。

そして、シンシア・ガーデンでは、プレママ向けのワークショップも開催中。
マタニティーライフを送っているプレママ。赤ちゃんが生まれる前からベビーマッサージを知っておくと、生まれてすぐに実践できます。また、どうやって抱っこしたらいいのか、どう触れたらいいのかなどなど、そんな不安も一緒に解消しましょう。

先日行われた、第1回のベビーマッサージ講習では、赤ちゃんもママもとっても素敵な笑顔を見せてくれ、その温かい空気がシンシア・ガーデン全体を包み込んでいました。
一人でも多くのママと赤ちゃんと、この素敵な時間を共有できますように・・・。

*








Beauty スペシャルコラム
漢方コラム セラピストコラム
SINCERE'S GUEST

BRAND LIST

ネロリラボタニカ
リンレンレメディアル
ママバター
パパバター
メデルナチュラル
エール
ボタニッシュエール
ローレ
toetoe(トゥトゥー)
anelia natural(アネリアナチュラル)
tiare ala(ティアレアーラ)
ジャナーク
シゲタ
ジャネス
クオン
アタノール
オードローズ
ソルーナ
ベジキッチン
ゴギョウチャ
ベーベーママン
マイハビット
オーロメア
シダレッパ
ナトラケア
ランドレス
ソネット